TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-20:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は1Fの上映時間を参照

本日は開館しております(10:00-20:00)

本日は開館しております(10:00-20:00)

日本語
  

青山(「エロスあるいはエロスではないなにか」) 1968年 東京都写真美術館蔵
ハワイ 2007年

2・3F

森山大道展

Ⅰ.レトロスペクティヴ 1965-2005/Ⅱ.ハワイ

2008.5.136.29

  • 開催期間:2008年5月13日6月29日
  • 休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
  • 料金:一般 1,100(880)円/学生 900(720)円/中高生・65歳以上 700(560)円
  • ※各種カード割引あり

( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、上記カード会員割引(トワイライトカードは除く)/
小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料

このたび、東京都写真美術館では日本を代表する写真家・森山大道の個展「森山大道展Ⅰ.レトロスペクティヴ1965-2005/Ⅱ.ハワイ」を開催いたします。
商業デザイナーを経て、写真家・岩宮武二、細江英公に師事した森山大道が、フリーの写真家としてデビューをしたのは、1963年のことでした。“アレ、ブレ、ボケ”と形容されるハイコントラストや粗粒子図面の荒々しい写真表現で60年~70年代の日本の写真界に一石を投じ、常に「写真とは何か」を問い続けてきた森山の作品は、初期の代表作『にっぽん劇場写真帖』(68年)、写真への問いをラディカルに突き詰めた『写真よさようなら』(72年)、スランプからの再起となった『光と影』(82年)、最新作『ハワイ』(07年)など、どれも注目を集めるものばかりです。そして、肌身離さず持ち歩いているコンパクトカメラは、一貫して路上から見える日常の断片をスナップショットとして収め、その力強い作品群から放たれる欲望、孤独、不安感は見る人の感情を大きく揺さぶります。

 

プロヴォークⅡ 1969年
新宿 2001-02年



本展では、今日、世界的にも高い評価を受けている写真界の巨人・森山大道の「足跡」と「今」を2つの展覧会によって展開。「レトロスペクティヴ 1965-2005」では代表作に加え、未発表作を含む約200点を、最新作「ハワイ」では、神秘的な自然と人々の日常をモノクロームで捉えた、独自のハワイを一堂に公開。写真集『ハワイ』で未発表の作品も含め約70点を大型プリントでご紹介します。写真の根源を突き詰める森山の作品群を、思う存分にお楽しみいただける展覧会です。

 

ハワイ 2007年


美の世界「写真家 森山大道 1996 ~路上の犬は何を見た?~」
(1996年2月24日放送)第2日本テレビにて放送中
http://www.dai2ntv.jp/w/moriyama/moriyama_syabi.html


□主催:東京都写真美術館/産経新聞社
□特別協賛:カルティエ
□協賛:EPSON
□協力:タカ・イシイギャラリー
□後援:サンケイスポーツ/夕刊フジ/フジサンケイビジネスアイ/iza!/SANKEI EXPRESS

関連イベント

フロアレクチャー
2008年5月23日(金) 14:00~  終了致しました
2008年6月13日(金) 14:00~  終了致しました
2008年6月27日(金) 14:00~  終了致しました
担当学芸員による展示解説を行います。
3階展示室前にお集まりください。
(ご参加いただくにはⅠ.Ⅱ.共通券が必要です)
森山大道連続対論
5月23日(金) 18:00~20:00  終了致しました
森山大道 × 大竹伸朗(美術家) 進行:笠原美智子(東京都写真美術館学芸員)
5月24日(土) 18:00~20:00  終了致しました
森山大道 × 多木浩二(美術・写真評論家) 進行:清水穣(同志社大学教授)
5月30日(金) 18:00~20:00  終了致しました
森山大道 × 金平茂紀(TBSテレビ報道局長) 進行:岡部友子(東京都写真美術館学芸員)
定員:190名
参加方法 : 当日10時より展覧会チケットをお持ちの方に整理券をお配りします。
関連出版物のご案内
「森山大道論」(淡交社刊) 企画・監修:東京都写真美術館
A4判 総208頁(Wトーン104頁/モノクロ104頁)
定価:2,520円(本体 2,400円) 刊行:2008年5月20日
多彩な執筆者による論評に加え、美術館で一般より公募した論文1編を掲載した森山大道論初の試み。
未発表作を含む写真53点を収録した、注目のアンソロジー!
【執筆者】※掲載順
多木浩二[美術・写真評論家]/カール・ハイド[underworldヴォーカル・ギター]/大竹伸朗[美術家]/金平茂紀[ジャーナリスト(TBSテレビ報道局長)]/平野啓一郎[小説家]/岡部友子[東京都写真美術館 学芸員]/鈴木一誌[ブック・デザイナー]/笠原美智子[東京都写真美術館 学芸員]/渚ようこ[歌手]/林道郎[美術評論家(上智大学教授)]/甲斐義明[ニューヨーク市立大学博士課程在籍]/清水穣[美術・写真評論家(同志社大学教授)]

○「森山大道論」論評公募の審査発表はこちらをごらんください

展覧会図録

森山大道論 淡交社刊
初の回顧展を記念して、多岐浩二ほか12名が森山大道を語り、さらに未発表作を含む写真53点を収録して、森山大道のおよそ半世紀にわたる活動の足跡をたどるアンソロジー。

図録一覧はこちら