本日は開館しております(10:00-18:00)

ワークショップ/体験型プログラム

写真や映像の世界に興味や好奇心を持っている人、美術館をより楽しみたい人に。デジタルカメラが全盛の今だからこそ、「ものづくりの実感」や「原点を知るアナログ体験」を伝えたいと、私たちは考えています。暗室での写真の現像体験を行う「モノクロ銀塩プリントワークショップ」は、写真づくりの楽しさを知る機会となるでしょう。2016年からは新しくTOPコレクション展での鑑賞プログラムも始めました。「つくること」や「見ること」を通して、写真・映像を体験する/学ぶためのワークショップや体験型プログラムを豊富に用意しています。ぜひご参加ください。

これから開催するプログラム

募集終了

写真のプレゼンテーションを学ぶ (オンライン開催)(開催日:2021年2月19日/3月12日)

このプログラムは「コミュニケーションの方法としての写真」を考えるきっかけづくりです。 写真は現代の重要な伝達ツール。SNSの普及により、撮影した写真を選び、編集し、人に伝えることは、誰にとっても身近な行為になってきています。一方、人と写真との関わり方は多種多様です。それぞれの興味や関心に応じて、「写真で何を伝えたいか」は変わってくるはずです。 写真についての言葉を交わすことによって、写真によるコミュニケーションを深めてみませんか? ご自身の撮った写真について対話しながら、自分自身の考え方やコミュニケーションのあり方を見つめ直してみるー。このプログラムはそうしたきっかけをご提供します。若手ギャラリストと当館学芸員をナビゲーターとして、参加者の方による写真のプレゼンテーションを聞きながら、対話を通して学びを深めていきます。
ただ撮ることを楽しむ写真から人に見せること、言葉にすることへ。写真との新しい関わり方を体験してみませんか?ご応募をお待ちしております。

※Aコースは定員に達したため、申込を締め切りました。
※Bコースは定員に達したため、申込を締め切りました。


終了したプログラム

終了

おうちでワークショップ 手作りアニメーション体験―おどろき盤 【ダウンロード版】(2020年12月21日―2021年1月12日)

終了

視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ(オンライン開催)(2021年1月16日、1月24日)

終了

おうちでワークショップ 手作りアニメーション体験―おどろき盤 【対面配布】(2021年1月10日、11日)

終了

おうちでワークショップ 青写真―太陽の光で影を写しとる(2020年12月17日、12月18日、12月19日)

終了

視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ(オンライン開催)(2020年11月21日)

終了

【参加者の追加募集】10/31開催 映像ワークショップ「 LEDの明滅で、アニメを作ろう」

終了

映像ワークショップ LEDの明滅で、アニメを作ろう(開催日:2020年10月31日)