TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-18:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は終日休映です。

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語
B1F

文学の触覚

2007.12.152008.2.17

  • 開催期間:2007年12月15日2008年2月17日
  • 休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)※2007年12月28日(金) 10:00~18:00 ※2008年1月2日(水)~4日(金)年始特別開館 11:00~18:00
  • 料金:一般 500(400)円/学生 400(320)円/中高生・65歳以上 250(200)円
  • ※各種カード割引あり

( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、上記カード会員割引(トワイライトカードは除く)/
小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料

本展では、純文学と視覚芸術・メディアアートとの接点に焦点をあて、現代に活躍する文学作家とメディアアーティストのコラボレーションを行います。本来は読む人のイマジネーションにゆだねられる文学作品の世界を、多様なかたちで視覚化します。
展示を構成する3つのパート、①テキストを耳で聴く/目で見る、②小説の中に描かれた風景の再現、③古典作品へのオマージュ、について、講談社『群像』と NHKエンタープライズの企画協力を得て小説家とアーティストによる新作プロジェクトを制作し、関連事業としてトークや特集刊行を行います。
文学と映像メディアを独自の視点で結びつけ、その共存と、時には競い合う交差を通して、新たな領域と表現の可能性を開拓し探ろうという試みです。参加型の作品群に触れ、私たちの手のひらにこぼれる文学と映像メディアの美しさを体験してみましょう。



※掲載されている図版はすべて参考図版です。








※掲載されている図版はすべて参考図版です。



■出品作家
森村泰昌/松浦寿輝/近森基++久納鏡子/穂村弘/石井陽子/川上弘美/児玉幸子/平野啓一郎/中西泰人/舞城王太郎/dividual(遠藤拓己+ドミニクチェン+松山真也)/こまバード・ブラザーズ(ペレス・ペラエス・マリアーノ+高橋浄久)/森野和馬/大橋陽山/チームラボ ほか

出品作品リストはこちら[16kb]

□主催:東京都 東京都写真美術館
□支援:文化庁
□企画協力:講談社「群像」/NHKエンタープライズ
□協力:NTTサイバーソリューション研究所/NECディスプレイソリューションズ株式会社/工作舎

関連イベント

出品作家によるフロアレクチャー
【第1回】
日時:2008年1月20日(日)14:00~ (約1時間) 終了致しました
出演:穂村弘+石井陽子(出品作家)、森山朋絵(展覧会担当学芸員)
【第2回】
日時:2008年2月11日(月・祝)14:00~(約1時間) 終了致しました
出演:平野啓一郎+中西泰人(出品作家)、森山朋絵(展覧会担当学芸員)
※展覧会チケットをお持ちの方はどなたでもご参加いただけます

展覧会図録

文学の触覚
今展覧会のカタログ。

図録一覧はこちら