TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

本日休館日

本日休館日

日本語

「センチメンタルな旅」より 1971年
2F

総合開館20周年記念
荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-

2017.7.259.24

  • 開催期間:2017年7月25日9月24日
  • 休館日:毎週月曜日(ただし9月18日(月・祝)は開館し、19日(火)は休館)
  • 料金:一般 900(720)円/学生 800(640)円/中高生・65歳以上 700(560)円 ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料 ただし、7月21日(金)~8月25日(金)の毎金曜日18:00-21:00はサマーナイトミュージアム割引(一般 720円/学生・中高生 無料/65歳以上 560円 ※各種割引の併用はできません)

東京都写真美術館は、総合開館20周年を記念して「荒木経惟 センチメンタルな 旅 1971– 2017–」展を開催します。 荒木経惟は、1960年代から活動を始め、国の内外で高い評価を得ています。荒木の作品は、 テーマや手法が多岐にわたることでも知れ、これまでに500冊近い写真集を上梓するなど、 その制作意欲は現在もなお、尽きることがありません。
本展は、その膨大な作品群から、妻、「陽子」というテーマに焦点をあてた展覧会です。荒木 自らが「陽子によって写真家になった」と語るように、1960年代の出会いから1990年代のそ の死に至るまで、陽子はもっとも重要な被写体であり、死後もなお荒木の写真に多大なる 影響を与え続けてきました。本展では、陽子を被写体とするものや、その存在を色濃く感じさせる多様な作品を通して、荒木が重要視している被写体との関係性を探り、またその写真 の神髄である「私写真」について考察していきます。展覧会タイトルの「センチメンタルな旅 1971– 2017–」とは、1971年に出版された私家版の写真集に始まり、現在へと続いている荒 木経惟の私写真、そしてその写真人生そのものを表しています。

出品予定作品
「センチメンタルな旅」
「東京は、秋」
「愛のバルコニー」
「東京ノスタルジー」
「食事」
「センチメンタルな旅・冬の旅」
「空景/近景」
「遺作 空2」
「三千空」
その他、陽子をテーマとする作品、2017年制作予定の最新シリーズ


《東京は、秋》1972-1973年 ゼラチン・シルバー・プリント


《愛のバルコニー》1985年 ゼラチン・シルバー・プリント


《食事》1985年 発色現像方式印画


《冬の旅》1991年 ゼラチン・シルバー・プリント


《遺作 空》2009年 発色現像方式印画


《三千空》2012年 シングルチャンネル・ヴィデオ

上記作品はすべて作家蔵

□主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館/産経新聞社
□協賛:株式会社資生堂/東京都写真美術館支援会員
□協力:株式会社写真弘社


関連イベント

関連トーク「22世紀アラーキー論 ―ずっと、センチメンタル―」
2017年8月6日(日) 14:00~16:00
出演:伊藤俊治(美術史家・東京藝術大学教授)、斎藤環(精神科医)、北澤ひろみ(本展ゲスト・キュレーター)
司会:藤村里美(東京都写真美術館学芸員)
会場:東京都写真美術館 1階ホール
定員:190名(整理番号順入場/自由席)
入場料:無料/要入場整理券
*当日10 時より1階ホール受付にて入場整理券を配布します。
朗読会+トーク
2017年9月16日(土) 14:00~16:00
荒木経惟の作品についての詩を作者自らが朗読します。
出演:吉増剛造(詩人)、朝吹真理子(作家)
会場:東京都写真美術館 1階ホール
定員:190名(整理番号順入場/自由席)
入場料:無料/要入場整理券
*当日10 時より1階ホール受付にて入場整理券を配布します。

ゲスト・キュレーター・担当学芸員によるギャラリートーク
2017年7月28日(金) 14:00~
2017年8月11日(金) 14:00~
2017年8月25日(金) 14:00~
2017年9月8日(金) 14:00~
2017年9月22日(金) 14:00~
会期中の第2、第4金曜日14:00より、ゲスト・キュレー ターもしくは担当学芸員による展示解説を行います。
展覧会チケット(当日消印)をご持参のうえ、2 階展示室入口にお集まりください。

*事業はやむを得ない事情で変更することがございます。