本日は開館しております(10:00-20:00)
奈良原 一高《デュシャン/大ガラス》1973年 (c) Narahara Ikko Archives
奈良原 一高 〈デュシャン/大ガラス〉より 1973年 © Narahara Ikko Archives
3F 展示室

TOPコレクション 見ることの重奏

2024.7.1810.6

  • 開催期間:2024年7月18日10月6日
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
  • 料金:一般 700(560)円/学生 560(440)円/中高生・65歳以上 350(280)円 ※( )は有料入場者20名以上の団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引料金 *各種割引の詳細はご利用案内をご参照ください。各種割引の併用はできません。/小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者(2名まで)、年間パスポートご提示者は無料/第3水曜日は65歳以上無料

写真の発明以前から、視覚に関する研究は数多くなされてきました。私たちが普段当たり前のように行っている「見る」という行為は、歴史的にどのように変化してきたのでしょうか。本展では、イメージであふれている現代の視覚情報の多様化に焦点を当てると共に、「見る」ことの歴史・経験の豊かさを感じさせる当館所蔵の国内外の名品をとおし、私たちの日常生活における「見る」という行為を捉えなおしてみます。

※事業は諸般の事情により変更することがございます。 あらかじめご了承ください。