臨時休館しております(4/25-5/11)

ワークショップ/体験型プログラム

終了

おうちでワークショップ 手作りアニメーション体験―おどろき盤 【ダウンロード版】(2020年12月21日―2021年1月12日)

東京都写真美術館では皆様がご自宅で楽しめる「おうちでワークショップ:手作りアニメーション体験―おどろき盤」を開催いたします。「おどろき盤」は、19世紀に起源をもつ原始的なアニメーション装置です。当館の「おどろき盤体験セット」を用いて、絵や図形を描いて、おうちでオリジナルのアニメーション作品を制作してみませんか。セットの入手方法は指定日に来館しての受取りとホームページからダウンロードの二通りです。小学生から大人まで楽しみながら体験・制作できるプログラムです。

*このワークショップは当館が配布する「おどろき盤体験セット」を用いて、皆様がおうちで作品制作を行っていただく内容です。また、制作したおどろき盤のカラーコピーあるいはスキャンデータを送っていただくと、皆様の作品を集めた動画(制作予定)としてネットで公開します。
*「おどろき盤体験セット」の内容は、おどろき盤4種類と「おうちでワークショップ おどろき盤」パンフレットです。
*[おどろき盤(フェナキスチスコープ)]は、円盤状の台紙に絵や図形を少しずつ変化させながら描き、それを鏡に向かって回転させ、盤上のスリットを通して鏡に映る円盤を見ると、描いた絵が動画として見られるようになっています。

日 程 2020年12月21日(月) ~2021年1月12日(火)   終了致しました
内容 下記の日程で「おどろき盤体験セット」ダウンロード版配布を行います。
費用 無料
対象 事前申込不要 どなたでも(推奨年齢9歳以上)

〔「おどろき盤体験セット」ダウンロード版の入手方法〕

当館ホームページでの体験セット ダウンロード(jpegファイル)
【ダウンロード期間】2020年12月21日(月)―2021年1月12日(火)(23日間)

*当館ホームページ「教育普及プログラム」→「教育普及ブログ(外部サイト)」→タイトル「おうちでワークショップ 手作りアニメーション体験―おどろき盤「体験セット」ダウンロード版」 からダウンロードいただけます (現在は終了しています)。 パンフレットはこちらのPDFからもご覧いただけます。

*「おどろき盤体験セット」ダウンロード版は、対面配布版(通常版)と比べて、おうちで簡単に制作できるように盤の形状が若干異なっていますが、絵柄は同一になります。