TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-20:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は1Fの上映時間を参照

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語

ワークショップ/体験型プログラム

募集終了

「イメージの洞窟 意識の源を探る」展関連 「音と見る洞窟」 (開催日:2019年10月5日)

「イメージの洞窟:意識の源を探る」展では、展示室内でフェデリコ・アゴスティーニ氏によるヴァイオリンの演奏を聴きながら、作品を鑑賞する「音と見る洞窟」を開催します。 出品作家のオサム・ジェームス・中川氏と旧知の仲であり、中川氏の作品を深く理解するヴァイオリニスト、アゴスティーニ氏が創造する音響空間に身を委ねながら、じっくりと作品をご鑑賞いただけます。上質なサウンドをご堪能いただくため、この時間は展示室を限定公開とし、ご参加の皆様だけの特別な場と致します。作品を「眼で見る」だけでなく、「音と見る」ことができる至高の機会です。 なお、鑑賞時間の後に、出品作家のオサム・ジェームス・中川氏によるミニ・トークショーを開催し、より深く作品を理解していただける時間と致します。また、全作品を鑑賞いただける時間もございます。 ぜひ、イメージと音のコラボレーションによって立ち上がる洞窟の深みをご体感ください。

[演奏者紹介] 
フェデリコ・アゴスティーニ(ヴァイオリニスト、元イ・ムジチ合奏団コンサート・マスター)
イタリア・トリエステ生まれ。音楽家の家庭に育ち、6歳の頃から、祖父よりヴァイオリンの手ほどきを受ける。トリエステとベネチアの音楽院、さらにシエナのキジアナ音楽院で学び、サルバトーレ・アッカルドや叔父のフランコ・グッリらに師事する。16歳でカルロ・ゼッキ指揮のもと、モーツァルトの協奏曲を弾いてデビュー。数多くのコンクールで優勝・入賞がある。1986年から伝説的なイタリアの合奏団「イ・ムジチ合奏団」のコンサート・マスターを務め、1987年からはローマ・フォーレピアノ五重奏団のメンバーとしても活躍する。2004年よりアミーチ弦楽四重奏団の第一奏者として活躍。 ドイツ・トロッシンゲン音楽大学で10年、アメリカ・インディアナ大学で10年、ロチェスター大学イーストマン音楽院にて7年間教授を務める。日本、スウェーデン、イタリア、メキシコ、オーストラリア、香港などでもマスタークラスを開催。 現在、愛知県立芸術大学の客員教授、及び洗足学園音楽大学の客員教授を務める。



[図版] オサム・ジェームス・中川《#009》〈ガマ〉より 2010年 インクジェット・プリント 東京都写真美術館蔵

日 程 2019年10月5日(土) 18:15~20:15
講師 出演:オサム・ジェームス・中川(出品作家)
音楽:フェデリコ・アゴスティーニ(ヴァイオリニスト、元イ・ムジチ合奏団コンサート・マスター)
会場 東京都写真美術館 2階展示室
参加対象 大人(中学生以上)
参加費 3,000円(「イメージの洞窟:意識の源を探る」展入場券を含む)
定員 50名(事前申込制、応募多数の場合は抽選)
締切 2019年9月20日(金)
申込方法 電子メールで、氏名、年齢、昼間に連絡がとれる電話番号を明記の上、下記の申込先までお送りください。メール件名には「イメージの洞窟展関連 音と見る洞窟 参加希望」と必ずご記入下さい。
申込先 「イメージの洞窟」展関連イベント専用申込アドレス
top_evententry@topmuseum.jp

【お申し込み・ご参加についてのご注意】
*お申し込みの際は必ず上記申込み方法の必要事項をもれなく明記下さい。記入もれのあるものは無効となる場合があります。
*お申し込みの際は電子メール1通につき1組様をご記入下さい。1通のメールで、複数の申込者を申し込むことはできません。郵便・FAX等でのお申し込みはできませんので、ご了承ください。
*ご参加いただける方には、「参加のご案内」をメールでお送り致します。ご参加いただけない方にも同様にメールで通知をお送り致します。
*お申し込みの際にお客様にご記入いただく住所・電話番号等の個人情報はお申し込みいただいたワークショップに関する連絡事項等を、当美術館からお客様にお伝えするために使用するものです。その他、お客様の個人情報の取扱いにつきましては、東京都歴史文化財団プライバシーポリシーをご参照ください。

【メール受信に関するご注意】
当館から皆様へのワークショップ参加可否についてのご連絡メールが、プロバイダーやメールソフトなどの迷惑メール防止機能で、迷惑メールと誤判定されて届かない場合や、自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられているケースがまれに見受けられます。 迷惑メールフォルダに振り分けられている場合は、受信トレイに移動してください。 また、迷惑メールと判定されている可能性がある場合は、受信許可リストに[top_evententry@topmuseum.jp]を登録するなどの設定を行ってください。