本日は開館しております(10:00-20:00)

どこでもTOP

終了

渋谷区立松濤美術館
「「前衛」写真の精神: なんでもないものの変容」展【 2023年12月2日(土)~2024年2月4日(日) 】

■鑑賞できる作品
永田 一脩《火の山》1939年
永田 一脩《Objet Natural A》1930年代頃
永田 一脩《Objet Natural B》1930年代頃
永田 一脩《題不詳(風呂の中の二人の男)》1939年頃
永田 一脩《砂の表情 其の1》1930年代頃
永田 一脩《題不詳(石膏像)》1937年頃
小石 清《冬眠》1938年
小石 清《疲労感》〈泥酔夢〉より1936年
小石 清《燐素》1938年
小石 清《叫喚》1938年
高梨 豊《豊島区西武デパート 4月25日》〈東京人〉より1965年
高梨 豊《新宿区新宿駅西口広場 3月31日》〈東京人〉より1965年
高梨 豊《船橋市ヘルスセンター 6月17日》〈東京人〉より1965年
高梨 豊《新宿区角筈-1ビュフェととや》〈東京人〉より1965年
高梨 豊《新宿区伊勢丹 10月23日》〈東京人〉より1965年
高梨 豊《新宿区新宿駅西口広場 3月28日》〈東京人〉より1965年
高梨 豊《新宿区南元町 4月4日》〈東京人〉より1965年
ウジェーヌ・アジェ《紳士服店、ゴブラン通り》1925年
ウジェーヌ・アジェ《マネキン》1926-1927年
ウジェーヌ・アジェ《肉屋、クリスティーヌ通り》1911年
ウジェーヌ・アジェ《第一帝政様式の住宅と店舗、テュレンヌ通り67番地》1901年
ウジェーヌ・アジェ《ヴォージュ広場》1899年
ウジェーヌ・アジェ《ブラン・マントー通り25番地の古い家》制作年不明
ウジェーヌ・アジェ《働く女性の部屋、ベルヴィル通り》1910年
ウジェーヌ・アジェ《労働者の部屋、ロマンヴィル通り》1905年
ウジェーヌ・アジェ《城壁地区、ポルト・ド・モントルイユ》1912年
ウジェーヌ・アジェ《サン=リュスティック通り、モンマルトル》1922年
ウジェーヌ・アジェ《1等の霊柩車》1910年
ウジェーヌ・アジェ《回転木馬》1923年
ウジェーヌ・アジェ《日食の間》1912年
ウジェーヌ・アジェ《フルーリー通り76番地、シャペル大通リ》1921年
ウジェーヌ・アジェ《ランプのかさ売り、18区ルピック通り》1899年
ウジェーヌ・アジェ《大道芸人》1898年
ウジェーヌ・アジェ《娼家、ヴェルサイユ》1921年
ウジェーヌ・アジェ《舗装工》1899-1900年
ウジェーヌ・アジェ《ブルドネ通り34番地》制作年不明
ウジェーヌ・アジェ《サン・ジャック兄弟の旧館、サン・ジャック通り254番地》1907年
ウジェーヌ・アジェ《階段、デシャルジュール通り3番地》1908年

渋谷区立松濤美術館
https://shoto-museum.jp/exhibitions/202zenei/