本日は開館しております(10:00-18:00)

©2018 Pandora Film Produktion GmbH, Kineo Filmproduktion, Pandora Film GmbH & Co. Filmproduktions- und Vertriebs KG, Rundfunk Berlin Brandenburg
©2018 Pandora Film Produktion GmbH, Kineo Filmproduktion, Pandora Film GmbH & Co. Filmproduktions- und Vertriebs KG, Rundfunk Berlin Brandenburg

東京都写真美術館ホールにおける上映は、新型コロナウイルス感染症拡大防止にかかる緊急事態宣言の発令に伴い、前後左右に1席ずつ間隔を空けて座席指定券を発券しております。(8月22日までを予定)

当館では、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、体温測定やマスク着用などをお願いしております。

ご来館の前に、必ずこちらをご確認ください。
また、ご来館時に東京版新型コロナ見守りサービスへの登録にご協力をお願いいたします。


『カウラは忘れない』
『サンマデモクラシー』
『グンダーマン 優しき裏切り者の歌』

1F ホール

2021.8.78.29

  • お問い合せ:(作品に関して)太秦株式会社 TEL:03-5367-6073
  • 上映期間:2021年8月7日(土)~8月29日(日)
  • 休映日:2021年8月10日(火)、8月16日(月)、8月23日(月)

■上映作品
『カウラは忘れない』
『サンマデモクラシー』
『グンダーマン 優しき裏切り者の歌』

■上映スケジュールはこちらをご覧ください。

■料金
●前売券
『カウラは忘れない』 1,500円 
『サンマデモクラシー』 1,500円
『グンダーマン 優しき裏切り者の歌』 1,500円
※『カウラは忘れない』前売券をご購入の方に特製ポストカードをプレゼント(数量限定)
※『グンダーマン 優しき裏切り者の歌』前売券をご購入の方に特製カセットテープ柄ステッカーをプレゼント(数量限定)
【販売窓口】
・東京都写真美術館1階受付 ※休館日にご注意ください。
・有隣堂アトレ恵比寿店

●当日券(座席指定券)各作品共通
○ 一般 1,800円
○ 学生(大学・専門学校生)、高校生 1,500円
○ シニア(60歳以上)、中学生以下(3歳以上) 1,200円
○ 障害者手帳をお持ちの方(介護者2名まで)1,200円
※3歳未満のお子様に座席が必要な場合は料金(中学生以下)をいただきます。(保護者のお膝の上でのご鑑賞の場合は無料)

各種割引: 以下の方は当日一般料金が割引になります。
○ 当館で開催の展覧会、映画の半券提示(半券1枚につき一回の割引) 1,500円
○ 当館年間パスポート提示(同伴者1名まで) 1,500円
○(公財)東京都歴史文化財団が管理する施設の友の会会員証・年間パスポート提示 1,500円
○ MIカード(三越伊勢丹グループのクレジットカード)およびMIカードプラス[但し、MIカード(スタンダード)を除く。]提示 1,500円
○ JRE CARD(クレジットカード)提示 1,500円
○ 夫婦50割引(どちらかが50歳以上でお二人揃ってご購入の場合) 2人で 2,400円
○ 当館が発行する映画優待割引券(支援会員)提示 1,500円
※各種割引をご利用の際は証明書をご提示ください。

・全席指定
・各回定員入替制/立ち見不可/事前予約不可
・ご鑑賞当日午前10:00より、当日券の販売および座席指定券の引き換えを開始いたします。
・前売券をお持ちの方も、受付にてご鑑賞の回の座席指定券との引き換えが必要です。
・満席の場合、ご入場をお断りいたしますので、予めご了承ください。
・開場は各上映開始時間の10分前を予定しています。




オーストラリアで起こった“史上最大”の日本人捕虜集団脱走 知られざる戦争の歴史をひも解くドキュメンタリー
『カウラは忘れない』
©瀬戸内海放送
©瀬戸内海放送

『クワイ河に虹をかけた男』の満田康弘監督が、ライフワークともいうべき「カウラ事件」の深層に挑んだ渾身の第2作。

太平洋戦争中の1944年8月5日、オーストラリア東部の田舎町カウラにあった第十二捕虜収容所で近代戦史上最大といわれ、1,104人に及ぶ集団捕虜脱走事件が起こった。日本人捕虜234人、オーストラリア人の監視兵ら4人が命を落とした、「カウラ事件」である。正確に言えば「脱走」ではなく、日本人捕虜の目的は“死に行く“ことだった。当時の日本軍人や民間人には「戦陣訓」の「捕虜を恥」とする教義が背景にあった。一方、収容所で手厚い保護を受けた生活を送るうち、捕虜たちの間には生への執着が確実に芽生えていく。
この事件がコロナの時代に生きる私たちに問いかけるものは何か。知られざる戦争の歴史をひも解くドキュメンタリー。

監督:満田康弘
撮影:山田寛
音楽:須江麻友  
MA:木村信博  
EED:吉永順平
CG:斎藤末度加/南真咲/渡辺恵子/小林道子
通訳:スチュアート・ウォルトン/清水健
協力:国立療養所邑久光明園/山陽学園/Theater company RINKOGUN 燐光群/坂手洋二/山田真美/田村恵子/カウラ事件70周年記念行事実行委員会
資料提供:オーストラリア戦争記念館/国立駿河療養所 
製作:瀬戸内海放送
配給:太秦 
【2021/日本/DCP/カラー/96分】

『カウラは忘れない』公式ホームページはこちら→https://www.ksb.co.jp/cowra/ <外部>



沖縄史に埋もれた伝説のサンマ裁判を描き出す ノンストップドキュメンタリー
『サンマデモクラシー』
©沖縄テレビ放送
©沖縄テレビ放送

統治者アメリカを相手に人々が訴えたのは、「民主主義とは」なんだ?という単純な問いかけだった。

1963年沖縄。米軍の占領下にあった沖縄で、日本の味として食べられていたサンマ。サンマには輸入関税がかけられていたが、根拠となる関税の項目にサンマの文字はなかった。そこで「関税がかかっているのはおかしい!」と、魚卸業の女将・玉城ウシが、琉球政府を相手に徴収された税金の還付訴訟を起こす。求めた額は、現代の貨幣換算でなんと7000万円。このウシおばぁが起こした“サンマ裁判”は、いつしか自治権をかけた民主主義を巡る闘いとなる。

※『サンマデモクラシー』ご来場者には、初日より特製サンマステッカーをプレゼント!(数量限定)

監督・プロデューサー:山里孫存
ナビゲーター:うちな~噺家 志ぃさー  
ナレーション:川平慈英
音楽:巻く音/Jujumo   
撮影・編集:祝三志郎
製作協力:公益財団法人 民間放送教育協会
製作:沖縄テレビ放送  
配給:太秦
【2021/日本/DCP/カラー/99分】

『サンマデモクラシー』公式ホームページはこちら→http://www.sanmademocracy.com/ <外部>



2019年「ドイツ映画賞」6部門で最優秀賞を受賞!本国で大ヒットを記録した話題作
『グンダーマン 優しき裏切り者の歌』
©2018 Pandora Film Produktion GmbH, Kineo Filmproduktion, Pandora Film GmbH & Co. Filmproduktions- und Vertriebs KG, Rundfunk Berlin Brandenburg
©2018 Pandora Film Produktion GmbH, Kineo Filmproduktion, Pandora Film GmbH & Co. Filmproduktions- und Vertriebs KG, Rundfunk Berlin Brandenburg

失われた国、最大のスキャンダルとなった秘密警察(シュタージ)――。
“東ドイツのボブ・ディラン”と呼ばれ、スパイだった男の真実の物語。

ベルリンの壁崩壊に先立つ1980年代から東ドイツで活躍していた実在のシンガー・ソングライター、ゲアハルト・グンダーマン(1955~98年)。グンダーマンは、昼間は褐炭採掘場でパワーショベルを運転する労働者だが、仕事が終わるとステージに上がり、自ら作った曲を仲間とともに歌う。彼の希望や夢、理想に満ちた歌は、多くの人々に感動を与え人気者になっていった。その一方、当時の秘密警察(シュタージ)に協力するスパイとして友人や仲間を裏切っていた。1990年の東西ドイツ統一後、自身も友人にスパイされていたことを知り、その矛盾を自らに問うこととなる。

監督は、現在ドイツで最も注目されている東ドイツ出身のアンドレアス・ドレーゼン。絶大な信頼をおく脚本のライラ・シュティーラーとともに10年の歳月をかけて、私たちの知らない人間と国家の断末魔の叫びをユーモア溢れるリアルで繊細なタッチで掬い取り、ドイツで最も権威のあるドイツ映画賞(2019年)で作品賞、監督賞含む6部門で最優秀賞を獲得した。東ベルリン生まれの主演アレクサンダー・シェーアは、グンダ―マン本人と見間違うほどの神がかり的な演技を見せ、劇中で演奏される全15曲を自らカバーして歌う。

監督:アンドレアス・ドレーゼン
脚本:ライラ・シュティーラー 
音楽:イェンス・クヴァント
出演:アレクサンダー・シェーア/アンナ・ウンターベルガー
提供:太秦/マクザム/シンカ
後援:ゲーテ・インスティトゥート大阪・京都 
配給・宣伝:太秦  
字幕・資料監修:山根恵子
【2018年/ドイツ/HD/シネマスコープ/5.1ch/128分】

『グンダーマン 優しき裏切り者の歌』公式ホームページはこちら →https://gundermann.jp/ <外部>

※事業は諸般の事情により変更することがございます。 あらかじめご了承ください。