本日は開館しております(10:00-18:00)



©2020映画 瞽女GOZE製作委員会

当館では、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、体温測定やマスク着用などをお願いしております。ご来館の前に、必ずこちらをご確認ください。また、ご来館時に東京版新型コロナ見守りサービスへの登録にご協力をお願いいたします。
関連イベント開催日(4/3、10 、11 、18、20)については、前後左右に1席ずつ間隔を空けて座席指定券を発券いたします。


三味線を奏で、語り物などを唄いながら各地を門付けして歩く盲目の女旅芸人「瞽女(ごぜ)」。 国の無形文化財保持者でもある「最後の瞽女」、故・小林ハルさんの半生を映画化
【バリアフリー上映】

瞽女 GOZE

1F

2021.4.34.20

  • お問い合せ:(作品に関して)株式会社キッズ 03-5621-6622
  • 上映期間:2021年4月3日(土)~4月20日(火)
  • 休映日:4月5日(月)、12日(月)、19日(月)
  • 上映時間:13:30(1日1回のみ)

『瞽女 GOZE』公式ホームページ → https://goze-movie.com/


■料金
当日券(座席指定券)
○一般 1,800円
○学生(大学・専門学校生) 1,500円
○高校生 1,500円
○中学生以下(3歳以上) 1,100円
○シニア(60歳以上)1,100円
○障害者手帳をお持ちの方(介護者2名まで)1,100円
※3歳未満のお子様に座席が必要な場合は料金(中学生以下)をいただきます。(保護者のお膝の上でのご鑑賞の場合は無料)

各種割引: 以下の方は当日一般料金が割引になります。
○ 当館で開催の展覧会、映画の半券提示(半券1枚につき一回の割引) 1,500円
○ 当館年間パスポート提示(同伴者1名まで) 1,500円
○ (公財)東京都歴史文化財団が管理する施設の友の会会員証・年間パスポート提示 1,500円
○ MIカード(三越伊勢丹グループのクレジットカード)およびMIカードプラス(但し、MIカード(スタンダード)を除く。)提示 1,500円
○アトレビューSuicaカード(クレジットカード)、JREカード提示 1,500円
○ 夫婦50割引(どちらかが50歳以上、お二人揃ってご購入の場合・要証明) 2人で 2,400円
○ 当館が発行する映画優待割引券(支援会員)提示 1,500円
※各種割引をご利用の際は証明書をご提示ください。


・全席指定/立ち見不可/事前予約不可
・ご鑑賞当日午前10:00より、当日券(座席指定券)の販売を開始いたします。
・満席の場合、ご入場をお断りいたしますので、予めご了承ください。
・開場時間:13:00(変更となりました)

 【バリアフリー上映について】
 ■音声ガイド上映
 本上映は、UDCast方式による音声ガイドをご利用いただけます。
 ※UDCast(ユーディーキャスト)とは、スマートフォンなどの端末を使って字幕の表示や音声ガイド再生等を行うことのできる無料アプリケーションです。
 UDCastの詳細はこちら
 UDCast「瞽女 GOZE」の詳細はこちら

 UDCastをご利用のお客様へ
 ・ご鑑賞は後方の座席限定となります。 あらかじめご了承ください。
 ・「UDCast」アプリをインストール済みの携帯端末とイヤホンをお持ちください。
 (メガネ機器を含めた携帯端末、イヤホン等の機器の貸出は行っておりませんので、ご注意ください。)
 ・一部Android端末には「UDCast」アプリに未対応の機種がありますので、事前に動作確認をお願いいたします。

 ■日本語字幕入り上映
 以下の上映日は、UDCast方式による音声ガイドに加え、日本語字幕入りで上映いたします。
 4月9日(金)、10日(土)、16日(金) 、17日(土)


良い人と歩けば祭り、悪い人と歩けば修行

生後3ヶ月で失明したハルは2歳のとき父と死別。盲目の為に7歳で瞽女になる、それまでは優しい母であったトメは、瞽女になった時から心を鬼にしてハルを厳しく躾ける。それは、母親が子を思う愛情の深さだった。その母親の優しさを気がつかないまま8歳でフジ親方と共に初めて巡業の旅に出る。その年、病が悪化してトメはこの世を去る。死別の際、ハルは自分を虐めた鬼である母親に涙一つ流さなかった。
苛酷な瞽女人生の中で、ハルは意地悪なフジ親方からは瞽女として生き抜く力を、サワ親方からは瞽女の心を授かるのである。ハルは言う「いい人と歩けば祭り、悪い人と歩けば修行」と・・・・
こうして様々な困難を経て親方になったハルは初めて幼い弟子ハナヨを向かい入れる、何も知らないハナヨを瞽女として生きていける様にとハルは厳しく躾をした時、自分が幼い頃母から鬼の様に厳しく躾けられる姿が走馬灯のように浮かび上がる。その時、ハルは自分を愛してくれた母親トメの慈愛の深さを知る「カカさ・・・あり~がと・・・」ハルは母に感謝の涙を流すのであった。そしてその時はじめて母の真実の愛を知る。


©2020映画 瞽女GOZE製作委員会

■瞽女とは
三味線を奏で、語り物などを唄いながら、各地を門付けして歩く盲目の女旅芸人「瞽女」。瞽女は江戸時代から昭和中期まで活躍していました。瞽女らの訪れを待ち望んでいる村人たちのために、3~4人が一組となって、視力の残っている手引きを先頭に師匠から弟子の順に並び、前の人の背負っている荷物に片手を添えて動きを感じ、もう片手に持った杖で足元を確認しながら、峠を越えてやってきます。瞽女らが聞かせる三味線芸は、物語性のある古浄瑠璃などの段物を中心に流行り歌や民謡などで、村人たちの日々の疲れを癒し、喜ばせ、やすらぎと娯楽を与えました。そして、都会の出来事や地震災害などを読み込んだ口説き節では、遠く離れた地方の動きを知ることができる情報のひとつとされていました。目の見えない瞽女が峠を越え、谷川の一本橋を渡り、村にまで来てくれたのは神のご加護によるもの、と畏敬する人物として迎えられていました。

■小林ハルさんについて
小林ハルさんは1900年(明治35年)、新潟県三条市に生まれました。3ヵ月で失明し、2歳の時に父親と死別。7歳で瞽女親方に弟子入りして、瞽女の道を歩き始めました。その後、厳しい修行、様々な困難を経て、親方になりました。しかし大正、昭和の時代になると、活動写真、ラジオなどの普及で、あれほど喜ばれた瞽女唄は色褪せていきました。そのような時代の流れに飲み込まれ、小林ハルさんも1973年(昭和48年)瞽女を廃業しました。しかし1978年(昭和51年)国立劇場の舞台で瞽女唄を披露し、1978年に国の「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」として選択された無形文化財の保持者として認定され、1979年には黄綬褒章も授与されました。そして2005年(平成17年)、波瀾万丈の人生を終えました。


出演:渡辺 美佐子、吉本 実憂、川北 のん、渡辺 裕之、中島 ひろ子、小林 綾子、綿引 勝彦、左 時枝、田中 健、冨樫 真、鈴木 聖奈、嶋田 久作、宮下 順子、草村 礼子、国広 富之、寺田 農、本田 博太郎、小林 幸子
語り部:奈良岡 朋子

原作:最後の瞽女 小林ハルの人生(著者 桐生清次 文芸社刊)
原作・監修:最後の瞽女 小林ハル 光を求めた一○五歳(著者 川野楠己/NHK出版)
脚本:加藤 阿礼、椎名 勳、瀧澤 正治
監督:瀧澤 正治
音楽:まつい えつこ
制作:株式会社キッズ
©2020映画 瞽女GOZE製作委員会
2020年/111分/日本


©2020映画 瞽女GOZE製作委員会

関連イベント

監督舞台挨拶+トークイベント
2021年4月3日(土) 上映後  終了致しました
【登壇者】
監督:瀧澤正治
出演者:吉本美憂、川北のん
(出演者が小林綾子から川北のんに変更となりました。)

ご参加は、4月3日(土)のチケットをお持ちの方が対象です。
本上映は15:20頃終了を予定しております。準備が整い次第、監督舞台挨拶+トークイベントを開始いたします。
監督舞台挨拶+トークイベント(60分程度)のみご参加の方は、4月3日(土)のチケットをお持ちのうえ、15:20までにホール受付へお越しください。
※本イベント回は、前後左右に1席ずつ間隔を空けて座席指定券を発券いたします。
トークイベント(手話通訳有り)
2021年4月10日(土) 上映後  終了致しました
【登壇者】
監督:瀧澤正治
ゲスト:檀鼓太郎(バリアフリー活弁士)

ご参加は、4月10日(土)のチケットをお持ちの方が対象です。
本上映は15:20頃終了を予定しております。準備が整い次第、トークイベントを開始いたします。
トークイベント(60分程度)のみご参加の方は、4月10日(土)のチケットをお持ちのうえ、15:20までにホール受付へお越しください。
※本イベント回は、前後左右に1席ずつ間隔を空けて座席指定券を発券いたします。
トークイベント
2021年4月11日(日) 上映後  終了致しました
【登壇者】
出演者:中島ひろ子、川北のん

ご参加は、4月11日(日)のチケットをお持ちの方が対象です。
本上映は15:20頃終了を予定しております。準備が整い次第、トークイベントを開始いたします。
トークイベント(60分程度)のみご参加の方は、4月11日(日)のチケットをお持ちのうえ、15:20までにホール受付へお越しください。
※本イベント回は、前後左右に1席ずつ間隔を空けて座席指定券を発券いたします。
瞽女唄公演
2021年4月18日(日) 上映後  終了致しました
【演奏者】
小関敦子(映画「瞽女GOZE」瞽女唄指導)

ご参加は、4月18日(日)のチケットをお持ちの方が対象です。
本上映は15:20頃終了を予定しております。準備が整い次第、公演を開始いたします。
公演(60分程度)のみご参加の方は、4月18日(日)のチケットをお持ちのうえ、15:20までにホール受付へお越しください。
※本イベント回は、前後左右に1席ずつ間隔を空けて座席指定券を発券いたします。
監督舞台挨拶
2021年4月20日(火) 上映後  終了致しました
【登壇者】
監督:瀧澤正治
ゲスト:渡部等(洋画家)、国見修二(詩人)
(登壇者が追加になりました。)

ご参加は、4月20日(火)のチケットをお持ちの方が対象です。
本上映は15:20頃終了を予定しております。準備が整い次第、監督舞台挨拶を開始いたします。
監督舞台挨拶(60分程度)のみご参加の方は、4月20日(火)のチケットをお持ちのうえ、15:20までにホール受付へお越しください。
※本イベント回は、前後左右に1席ずつ間隔を空けて座席指定券を発券いたします。
※事業は諸般の事情により変更することがございます。 あらかじめご了承ください。