本日休館日

〈晴れた日〉 1974年 東京都写真美術館蔵
2・3F

新・晴れた日 篠山紀信

2021.5.188.15

  • 開催期間:2021年5月18日8月15日
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
  • 料金:共通チケット: 一般1,200円、学生950円、中高生・65歳以上600円 (第1部もしくは第2部のみ:一般700円、学生560円、中高生・65歳以上350円)

時代の熱量をとらえた写真によって、1960年代から活躍を続ける篠山紀信。数多くの雑誌の表紙やグラビアを手がけ、写真家として時代をつくり出してきました。1974年に『アサヒグラフ』誌で連載され、後に写真集にまとめられた『晴れた日』は、篠山紀信の特徴を凝縮した一冊で、「写真はうまれながらにして大衆性を背負っているメディア」と自身で語るように長嶋茂雄や輪島功一、オノ・ヨーコなど、誰もが知るアイコンをちりばめながら、広範に社会の動きを捉え、昭和という時代の尖鋭な批評となっています。
「新・晴れた日」と題した本展は、この『晴れた日』の構造を使って、二部構成で60年間にわたる篠山紀信の116作品を展覧します。第1部では写真界で注目を集めた1960年代の初期から、『晴れた日』や1976年のヴェネチア・ビエンナーレでも出品された『家』ほか、その後の幅広い活躍の原点となる1970年代までの主要作品で構成。第2部では、1980年代以降の作品を中心に、バブル経済による変貌から、2011年の東日本大震災を経て、2021年に向かい再構築される東京の姿まで、創造と破壊、欲望と不安が相即不離な変化の時代をとらえた作品を紹介します。

写真は死んで行く時の記
嵐の日も雨の日も
僕が撮る写真は、いつも晴れた日。(篠山紀信)


[第1部]3階展示室
写真界で注目を集めた1960年代の初期から、『晴れた日』や1976年のヴェネツィア・ビエンナーレでも出品された『家』ほか、その後の幅広い活躍の原点となる70年代までの主要作品を紹介します。
〈天井桟敷一座〉1967/〈日米安保条約反対デモ〉1960/〈誕生〉1968/〈アド/バルーン〉1966/〈Yuri〉1968/〈怪談〉1969/〈オレレ・オララ〉1971/〈ハイ!マリー〉1972/〈人形作家 四谷シモン〉1972-73/〈パリ〉1976/〈晴れた日〉1974/〈家〉1972-75/〈『明星』表紙〉1971-76

〈誕生〉1968 年


〈晴れた日〉1974年 東京都写真美術館蔵


〈家〉[蔵座敷の家 山形県山形市] 1972年 東京都写真美術館蔵

[第2部]2階展示室
写真界で注目を集めた1960年代の初期から、『晴れた日』や1976年のヴェネツィア・ビエンナーレでも出品された『家』ほか、その後の幅広い活躍の原点となる70年代までの主要作品を紹介します。 〈天井桟敷一座〉1967/〈日米安保条約反対デモ〉1960/〈誕生〉1968/〈アド/バルーン〉1966/〈Yuri〉1968/〈怪談〉1969/〈オレレ・オララ〉1971/〈ハイ!マリー〉1972/〈人形作家 四谷シモン〉1972-73/〈パリ〉1976/〈晴れた日〉1974/〈家〉1972-75/〈『明星』表紙〉1971-76

〈TOKYO NUDE〉[表参道・結晶のいろ] 1986-92年


〈THE LAST SHOW〉2010年


〈ATOKATA〉2011-18年

※〈 〉は、本展のために再構成したシリーズ名。そのため、発表時と名称、年代が異なる場合があります。
※事業は諸般の事情により変更することがございます。 あらかじめご了承ください。

「新・晴れた日 篠山紀信」展 関連図書
東京都写真美術館4階図書室では、本展の関連図書(雑誌、写真集、過去の展覧会情報等)をご紹介いたします。
※現在、図書室は「予約制」となっております。ご利用方法の詳細は図書室ホームページをご確認ください。

□主 催:
[第1部]公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
[第2部]東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館