TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語

《トンブリ地区(チャオプラヤー川の西側)のウォンウェンヤイ駅のバス停》〈バンコク、ハノイ〉より 1982-1987年 東京都写真美術館蔵

2F

瀬戸正人 記憶の地図

2020.12.12021.1.24

  • 開催期間:2020年12月1日2021年1月24日
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
  • 料金:一般 700円(560)/学生 560(440)円/中高生・65歳以上 350(280)円 ※( )は当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引、当館年間パスポートご提示者/小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料 ※各種割引の詳細はご利用案内をご参照ください。各種割引の併用はできません。

瀬戸正人(1953-)はタイ国ウドーンタニ市に、日本人の父とベトナム人の母の元に生まれました。61年に父の故郷である福島県に移住、74年に東京写真専門学校(現・東京ビジュアル・アーツ)で森山大道と出会ったことがきっかけで、写真家を志します。
東京写真専門学校卒業後は、岡田正洋写真事務所に勤務、深瀬昌久に出会い、彼の助手となります。 81年よりフリーランスの写真家として活動を始め、96年には、特異な視点で都会に生きる人々を捉えた〈Silent Mode〉、〈Living Room Tokyo 1989-1994〉で第21回木村伊兵衛写真賞を受賞。独特な表現で注目を集める一方で、並行してバンコク、ハノイ、故郷福島を行き来しながら、ライフワークとしてそれぞれの街や自然風景、人々を記録し続け、現代日本を代表する写真家の一人として内外から高い評価を得ています。
本展覧会では、デビュー作〈バンコク、ハノイ1982-1987〉から、最新作〈Silent Mode2020〉にいたるまで、各時代の代表作を通じて、アジアとは何か、日本人とは何かを探ります。

人生が旅のようなものならば、日々、旅先のようにカメラを手に写真を撮りたい。
いや、「旅」と限りなく似たこの「人生」こそ、今すぐ撮らなくてはならない。
旅は、日常から一瞬浮遊し、もう一つの日常へと滑り込んでゆく。
この使い古された「日常」という言葉に、もしいくつもの異なる次元/時空間があるなら
写真はそこを軽々と飛び越えてゆくことだろう。
瀬戸正人

<作家紹介>
瀬戸正人[せと・まさと] 1953年、タイ国ウドーンタニ市に日本人の父とベトナム人の母の元に生まれる。61年に父の故郷である福島県に移住。73年、東京写真専門学校(現・東京ビジュアル・アーツ)卒業後、岡田正洋写真事務所に勤務、深瀬昌久に出会い、助手となる。87年、自らの発表の場として、山内道雄とギャラリー〈Place M〉を開設。83年、初個展「バンコク1983」(銀座ニコンサロン)以後多数開催。99年にはエッセイ集『トオイと正人』により、第12回新潮学芸賞を受賞。

□主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館/読売新聞社/美術館連絡協議会
□特別協賛:東京都写真美術館支援会員
□協賛:ライオン/大日本印刷/損保ジャパン/日本テレビ放送網
□協力:キヤノンマーケティングジャパン