TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

日本語

《Heavy Body Paint》2016年(参考図版)
B1F

エキソニモ(仮称)

2020.8.1810.11

  • 開催期間:2020年8月18日10月11日
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日休館。ただし、8月31日[月]は開館します)
  • 料金:決定次第お知らせします。

1990年代から一般に普及し始めたインターネットをいち早く素材として扱い、ユーモアのある切り口と新しい視点を備えた作品で、ネットアートを軸足に、メディアアートの領域を牽引してきたエキソニモ(千房けん輔と赤岩やえ)。本展ではニューヨークを拠点に活動する、エキソニモの初期から現在までの代表作を含む作品を再構成し、東京都写真美術館所蔵のコレクションを含み、新たな切り口からエキソニモの魅力に迫ります。
公共美術館での回顧展とも呼べる大規模展示は全国初であり、貴重な鑑賞の機会となります。インターネット時代以降のアートを取り囲む状況を考察することで、メディア史を再考し、今日の新たな表現の可能性を探求していきます。

出品作家
エキソニモ|Exonemo
現在ニューヨークを拠点として活動する、千房けん輔と赤岩やえによる日本のアート・ユニットであり、デジタルとアナログ、ネットワーク世界と実世界を柔軟に横断しながら、テクノロジーとユーザーの関係性を露にし、実験的なプロジェクトを数多く手がけてきました。その実験的な姿勢は国内外で高い評価を得ており、2006年、世界最大のメディアアート・フェスティバル「アルスエレクトロニカ」において《The Road Movie》がゴールデン・ニカ(大賞)を受賞し、2010年、東京TDC賞では《ANTIBOT T-SHIRTS》がRGB賞を受賞しています。第4回恵比寿映像祭(2011)のオフサイト・プロジェクトでは、《The EyeWalker》で観客参加型の大規模な屋外インスタレーションを実現し、話題となりました。

□主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館/日本経済新聞社