本日は開館しております(10:00-18:00)

《晴れた日》 1974年 東京都写真美術館蔵
2・3F

新・晴れた日 篠山紀信

2021.5.188.15

  • 開催期間:2021年5月18日8月15日
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
  • 料金:決定次第、本ページに掲載いたします。

東京都写真美術館は、第二期重点収集作家である篠山紀信の大規模個展を開催いたします。 写真家・篠山紀信は時代の熱量をとらえた写真によって、1960年代から活躍を続けています。篠山は「写真は生まれながらにして大衆性を背負っているメディア」と語り、幅広い活動をしてきました。1974年にアサヒグラフで連載され、後に写真集にまとめられた『晴れた日』は、篠山紀信の特徴を凝縮した一冊で、長嶋茂雄や輪島功一、オノ・ヨーコなど、誰もが知るアイコンをちりばめながら、広範に社会の動きを捉え、昭和という時代の尖鋭な批評としています。
「新・晴れた日」と題した本展は、1974年撮影の『晴れた日』(1975年発行)を軸に、二部構成で60年間にわたる篠山紀信の110点超の作品を概観します。

写真は死んで行く時の記録。
嵐の日も雨の日も 僕が撮る写真は、いつも晴れた日。(篠山紀信)

[第一部]3階展示室
写真界で注目を集めた1960年代の初期から、『晴れた日』や1976年のヴェツィア・ビエンナーレでも出品された『家』ほか、その後の幅広い活躍の原点となる70年代までの主要作品を紹介します。

[第二部]2階展示室
1980年代以降に写真集で発表された作品を中心に、バブル経済による変貌から、2011年の東日本大震災を経て、東京オリンピックに向かい再構築される東京の姿まで、創造と破壊、欲望と不安が相即不離な変化の時代をとらえた作品を紹介します。

※事業は諸般の事情により変更することがございます。 あらかじめご了承ください。

□主 催:
[第一部]公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
[第二部]東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館