本日は開館しております(10:00-20:00)

パブリックプログラム

写真や映像の世界に興味や好奇心を持っている人、美術館をより楽しみたい人に。デジタルカメラが全盛の今だからこそ、「ものづくりの実感」や「原点を知るアナログ体験」を伝えたいと、私たちは考えています。暗室での写真の現像体験を行う「モノクロ銀塩プリントワークショップ」は、写真づくりの楽しさを知る機会となるでしょう。2016年からは新しくTOPコレクション展での鑑賞プログラムも始めました。「つくること」や「見ること」を通して、写真・映像を体験する/学ぶためのワークショップや体験型プログラムを豊富に用意しています。ぜひご参加ください。

これから開催するプログラム

募集

インクルーシブ鑑賞ワークショップ :見るときどき見えない、のち話す、しだいに見える(オンライン開催)冬コース

障害の有無にかかわらず、多様な背景を持つ人が集まり、会話を交わしながら一緒に写真作品を鑑賞します。
目の見える人、見えない人の2人のナビゲーターとともに、見えていることや感じていることを言葉にして伝え合いながら鑑賞をします。
さまざまな視点を持ち寄ることで、一人では出会えない新しい作品の楽しみ方を発見できるかもしれません。
今回は「野口里佳 不思議な力」展をテーマに、オンラインで開催します。
美術館で展覧会をご覧になった方も、これからご覧になる方も楽しめます。


写真は過去のワークショップの様子です。

募集

託児サービスのご案内 11月19日(土)、12月16日(金)※事前予約制

子育て中のお客様に美術館をゆっくりお楽しみいただけるように、託児サービスを実施します。
展覧会の鑑賞やアーティストトークなど大人向けの展覧会関連イベントへのご参加の際に、ぜひご活用ください。
子育てを頑張っている方に、素敵な作品に囲まれながらゆっくりと、癒しとリフレッシュのひと時をお過ごしいただくためのサポートです。

※本事業は公益財団法人東京都歴史文化財団「クリエイティブ・ウェルビーイング・トーキョー」の活動の一環「子供の居場所づくり」事業のひとつつとして実施します。

募集終了

2022年9・10・11・12月 手話通訳付き展覧会トーク(事前申込制)

手話通訳による展覧会トークを開催致します。
展覧会のテーマや展示作品について、学芸員が手話通訳者をまじえて、見どころをわかりやすくお話しします。
どうぞご参加ください! 


8月実施「アヴァンギャルド勃興」の手話通訳付きギャラリートーク風景

終了したプログラム

終了

TOP写真部 10月の活動 (開催日:2022年10月27日、10月28日)

終了

オープンワークショップ:手作りアニメーション体験(開催日:2022年10月22日、10月23日)

終了

2022年7・8月 手話通訳付き展覧会トーク(事前申込制)

終了

親子プログラム「じっくり見たり、つくったりしよう!」(開催日:2022年8月6日、7日)

終了

TOP写真部 7月の活動 (開催日:2022年7月21日/7月22日)

終了

オープンワークショップ: 日光や紫外線で焼く「青写真」をつくろう (開催日:2022年7月23日、7月24日)

終了

モノクロ銀塩プリントワークショップ(開催日:2022年7月16日/7月17日)

終了

TOP写真部 6月の活動 (開催日:2022年6月23日/6月24日)

終了

インクルーシブ鑑賞ワークショップ :見るときどき見えない、のち話す、しだいに見える(オンライン開催)夏コース

終了

「アヴァンガルド勃興」展関連企画:「フォトグラム」をつくる (開催日:7月3日)

終了

写真のプレゼンテーションを学ぶ (オンライン開催)(開催日:2022年7月8日/7月15日)

終了

オープンワークショップ:手作りアニメーション体験(開催日:2022年6月25日/6月26日)

終了

手話通訳付き展覧会トーク(事前申込制)