TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-18:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は終日休映です。

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語

© Eiki Mori “Family Regained” C Print 2017 / Courtesy KEN NAKAHASHI(参考図版)
2F

小さいながらもたしかなこと(仮称)
日本の新進作家vol.15

2018.12.12019.1.27

  • 開催期間:2018年12月1日2019年1月27日
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、翌平日が休館)
  • 料金:一般 700(560)円/学生 600(480)円/中高生・65歳以上 500(400)円 ※ ( )は20名以上の団体料金、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引、当館年間パスポートご提示者(ご利用案内をご参照ください)/小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料

東京都写真美術館は、写真・映像の可能性に挑戦する創造的精神を支援し、将来性のある作家を発掘し、新しい創造活動の場となるよう、さまざまな事業を展開しています。その中核となるのが、毎年異なるテーマを決めて開催している「日本の新進作家」展です。 シリーズ第15回目となる本展は「小さいながらもたしかなこと」をテーマに掲げ、自らのアイデンティティやリアリティを手がかりに制作する、近年活躍の著しい新進作家を紹介します。本展では作家それぞれの「小さいながらもたしかなこと」を踏まえ、表現の射程を探ります。

出品予定作家
森栄喜、ミヤギフトシ、細倉真弓、河合智子ほか

作家略歴
森栄喜(1976‐)
石川県生まれ。2001年、パーソンズ美術大学写真学科卒業。写真集『intimacy』(ナナロク社、2013年)で第39回木村伊兵衛写真賞を受賞。主な個展に「Family Regained」(KEN NAKAHASHI、2017年)等。

ミヤギフトシ(1981‐)
沖縄県生まれ。2005年、ニューヨーク市立大学卒業。主な個展に「How Many Nights」(ギャラリー小柳、2017年)、「American Boyfriend: Bodies of Water」(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA、2014年)等。

細倉真弓(1979‐)
京都府生まれ。2002年、立命館大学文学部、2005年、日本大学芸術学部写真学科卒業。主な個展に「JJuubbiilleeeee」(G/P gallery、2017年)、主な写真集に『Jubilee』(アートビートパブリッシャーズ、2017年)、『写真集 川崎』(サイゾー、2017年)等。

河合智子(1977‐)
愛知県生まれ。2001年、アカデミ-・オブ・アート大学ニューメディア学科卒業。平成28年度文化庁新進芸術家海外研修員(ドイツ)。主な個展に「On the Origin of Springs」(Künstlerhaus Bethanien, 2017年)、「UTOPIA」(Gallery 916、2014年)等。