TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

本日休館日

本日休館日

日本語

作者不詳(マジック・ランタンのトレード・カード)19 世紀 フランス リトグラフ 東京都写真美術館蔵
B1F

マジック・ランタン 光と影の映像史

2018.8.1410.14

  • 開催期間:2018年8月14日10月14日
  • 休館日:毎週月曜日(ただし、9月17日(月・祝)、9月24日(月・振休)、10月1日(月)、10月8日(月・祝)は開館、9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)は休館)
  • 料金:一般 500(400)円/学生 400(320)円/中高生・65歳以上 250(200)円 ※( )は20名以上の団体料金、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料/当館年間パスポートご提示者無料(同伴の方1名様まで無料) ※8月16日(木)~8月31日(金)の木・金18:00-21:00は学生・中高生無料/一般・65歳以上は団体料金*各種割引の併用はできません。※10月1日(月・都民の日)は入場無料

近年注目を集める、プロジェクション・マッピングやパブリック・ヴューイングなど、人々がひとつの映像を一緒に 見るという行為は、いつ、どのように生まれ、我々の社会に定着するようになったのでしょうか。スクリーンや壁に 映像を投影する「プロジェクション」という行為は、映画の発明よりはるか以前に、映写機やプロジェクターの原型にあたる「マジック・ランタン」という装置の発明により、世界中に広がりました。本展では映像の歴史を、プロジェクションの歴史という視点から見直し、さらに気鋭のアーティスト・小金沢健人の新作を紹介するなかで、マジック・ランタンの現代性に光を当てることを試みます。


作者不詳(マジック・ランタンのトレード・カード) 19世紀 フランス リトグラフ


ウジェーヌ・シャルル・フランソワ・ゲラール《旅人たち #18:魔女の穴(黒い森)での朝食》 1854 年 フランス リトグラフ、手彩色


小金沢健人《速度の落書き》2008 年 ヴィデオ・インスタレーション サイズ可変 作家蔵[参考図版]


ランテルヌ・フォトジェニク(ジュール・ドゥボスク製、フランス)1850年以降 フランス


ファンタスコープ・モルテニ 1830-50 年 フランス


ファンタスマゴリアのスライド 1830-50年 フランス ガラスに手彩色、木枠


クロマトロープ 19世紀 ガラスに手彩色、金属枠

□主催:東京都 東京都写真美術館、日本経済新聞社 
□協賛:凸版印刷株式会社


「たのしむ、もらう」TOPスタンプラリー開催!
名作をたのしむ!グッズをもらう!「TOPコレクション たのしむ、まなぶ」展と映像展「マジック・ランタン 光と影の映像史」展では、展覧会をたのしんで、TOPオリジナルグッズがもらえるスタンプラリーを開催します。詳細はこちら


関連イベント

アーティストトーク
2018年8月18日(土) 14:00~15:00 小金沢健人(出品作家)
定員:50名 
会場:東京都写真美術館 2階ロビー ※入場無料・先着順
「江戸写し絵」社中旗揚げ公演「納涼江戸写し絵の夕べ」
2018年8月24日(金) 19:00~20:00
定員:50名 
会場:東京都写真美術館 2階ロビー ※入場無料・先着順
マジック・ランタンをめぐるレクチャー
2018年9月29日(土) 14:30~16:30[14:00開場予定]
出演:草原真知子(メディア文化論研究者)、松本夏樹(映像文化史家)、 岩田託子(中京大学教授)
定員:190名 
会場:東京都写真美術館 1階ホール
入場無料
※当日10時より1階ホール受付にて整理券を配布します。 整理番号順入場、自由席。
担当学芸員によるギャラリートーク
2018年8月17日(金) 14:00~
2018年8月31日(金) 18:10~
2018年9月7日(金) 14:00~
2018年9月21日(金) 14:00~
2018年10月5日(金) 14:00~
会期中の第1・第3金曜日14:00より、および、サマーナイトミュージアム期間中の8月31日(金)18:10より、担当学芸員による展示解説を行います。 展覧会チケット(当日消印)をご持参のうえ、地下1階展示室入口にお集まりください。


*事業はやむを得ない事情で変更することがございます。あらかじめご了承ください。