TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-18:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は終日休映です。

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語

「センチメンタルな旅」より 1971年
2F

総合開館20周年記念
荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-

2017.7.259.24

  • 開催期間:2017年7月25日9月24日
  • 休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
  • 料金:一般 900(720)円/学生 800(640)円/中高生・65歳以上 700(560)円 ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料 ただし、7月21日(金)~8月25日(金)の毎金曜日18:00-21:00はサマーナイトミュージアム割引(一般 720円/学生・中高生 無料/65歳以上 560円 ※各種割引の併用はできません)

東京都写真美術館は、当館の重点収集作家でもある荒木経惟の展覧を開催します。これまで国内外で行われてきた荒木の展覧会は数多くのシリーズから成る回顧展的なものが多かったのですが、本展は膨大な作品群からもっとも重要な被写体である妻「陽子」というひとつのテーマに絞り込み、陽子自身を被写体とする作品、あるいは陽子との深い関わりをもつ作品、死後もなおその存在を深く感じられる作品によって構成します。
荒木自らが「陽子によって写真家となった」と語るように、妻、陽子は1960年代の出会いから1990年代のその死に至るまで最も重要な被写体であり、死後もなお荒木に多大なる影響を与え続けてきました。 本展では陽子というテーマをフォーカスすることで被写体との関係性を探り、荒木の写真の神髄である「私写真」について考察していきます。
展示構成は「センチメンタルな旅」をはじめ、陽子に関連した様々なシリーズから成り、1960年代の初期の作品から展覧会に向けて撮影される最新作までが出品されます。展覧会タイトルの「センチメンタルな旅」は、1971年に出版された私家版の写真集であり、さらに現在へと続く荒木経惟の写真人生そのものを表しています。

出品予定作品
「センチメンタルな旅」
「東京は、秋」
「食事」
「センチメンタルな旅、冬の旅」
「空景/近景」
「センチメンタルな空」
その他、陽子をテーマとする作品、2017年制作予定の最新シリーズ

□主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館/産経新聞社
□協賛:株式会社資生堂/東京都写真美術館支援会員
□協力:株式会社写真弘社


関連イベント

関連トーク「22世紀アラーキー論 ―ずっと、センチメンタル―」
2017年8月6日(日) 14:00~16:00
出演:伊藤俊治(美術史家・東京藝術大学教授)、斎藤環(精神科医)、北澤ひろみ(本展ゲスト・キュレーター)
司会:藤村里美(東京都写真美術館学芸員)
会場:東京都写真美術館 1階ホール
定員:190名(整理番号順入場/自由席)
入場料:無料/要入場整理券
*当日10 時より1階ホール受付にて入場整理券を配布します。
朗読会+トーク
2017年9月16日(土) 14:00~16:00
荒木経惟の作品についての詩を作者自らが朗読します。
出演:吉増剛造(詩人)、朝吹真理子(作家)
会場:東京都写真美術館 1階ホール
定員:190名(整理番号順入場/自由席)
入場料:無料/要入場整理券
*当日10 時より1階ホール受付にて入場整理券を配布します。

ゲスト・キュレーター・担当学芸員によるギャラリートーク
会期中の第2、第4金曜日14:00より、ゲスト・キュレー ターもしくは担当学芸員による展示解説を行います。
展覧会チケット(当日消印)をご持参のうえ、2 階展示室入口にお集まりください。
*事業はやむを得ない事情で変更することがございます。