TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-18:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は1Fの上映時間を参照

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語

「センチメンタルな旅」より 1971年
2F

総合開館20周年記念
荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-

2017.7.259.24

  • 開催期間:2017年7月25日9月24日
  • 休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
  • 料金:決定次第、お知らせいたします

東京都写真美術館は、当館の重点収集作家でもある荒木経惟の展覧を開催します。これまで国内外で行われてきた荒木の展覧会は数多くのシリーズから成る回顧展的なものが多かったのですが、本展は膨大な作品群からもっとも重要な被写体である妻「陽子」というひとつのテーマに絞り込み、陽子自身を被写体とする作品、あるいは陽子との深い関わりをもつ作品、死後もなおその存在を深く感じられる作品によって構成します。
荒木自らが「陽子によって写真家となった」と語るように、妻、陽子は1960年代の出会いから1990年代のその死に至るまで最も重要な被写体であり、死後もなお荒木に多大なる影響を与え続けてきました。 本展では陽子というテーマをフォーカスすることで被写体との関係性を探り、荒木の写真の神髄である「私写真」について考察していきます。
展示構成は「センチメンタルな旅」をはじめ、陽子に関連した様々なシリーズから成り、1960年代の初期の作品から展覧会に向けて撮影される最新作までが出品されます。展覧会タイトルの「センチメンタルな旅」は、1971年に出版された私家版の写真集であり、さらに現在へと続く荒木経惟の写真人生そのものを表しています。

出品予定作品
「センチメンタルな旅」
「東京は、秋」
「食事」
「センチメンタルな旅、冬の旅」
「空景/近景」
「センチメンタルな空」
その他、陽子をテーマとする作品、2017年制作予定の最新シリーズ

□主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館/産経新聞社
□協賛:東京都写真美術館支援会員ほか