TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

OPEN 10 am-6 pm

Last entry 30 minutes before closing.

No Screening Today

We are open today.(10:00-18:00)

We are open today.(10:00-18:00)

English

米田知子 《安部公房の眼鏡―『箱男』の原稿を見る》〈Between Visible and Invisible〉より 2013年 東京都写真美術館蔵
3F

TOP Collection

Reading Images: The Time of Photography

Aug. 10Nov. 4, 2019

  • Aug. 10Nov. 4, 2019
  • Closed 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
  • Admission:一般 500(400)円/学生 400(320)円/中高生・65歳以上 250(200)円 ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料/当館年間パスポートご提示者無料(同伴の方1名様まで無料)。

TOPコレクションは東京都写真美術館の収蔵作品を紹介する展覧会です。今年のテーマは「イメージを読む」。作品という視覚的なイメージとその読み解き方を考えます。本展は35,000点を超える当館コレクションから選び抜かれた個々の作品や、複数点からなるシリーズ作品をとおして、それぞれが語りかけてくる物語に着目します。作品の背後にある意味やお互いを結びつける関連性を浮き上がらせること、さらに写真というメディア自体が内包している普遍性に目を向けることで、イメージを読むという豊かな鑑賞体験へと観客の皆様を誘います。
第2期では、写真というメディアが持つイメージや物語性、そして、そこから生じる「時間」に焦点を当ててご紹介します。一般的に、写真とは瞬間を切り取ったものと認識されます。しかしながら、私たちが一瞬の営みである写真を見るとき、時にそのイメージは記憶の深部にまで働きかけられ、現在のみならず、いま、ここには存在しない過去や未来をも呼び起こす装置として機能します。その意味で写真は、時間を内包するメディアとも言えます。本展覧会は、国内外の作家たちの取り組みを、作品の背後に潜む時間を駆動させる契機や、引き起こされるイメージの連鎖などに注目しながら、写真と物語、そして付随する時間との関係性を多角的に考察し、当館コレクションの新たな魅力を探ろうとするものです。

□主催:東京都 東京都写真美術館 □協賛:凸版印刷株式会社

You can use the "Grutto Pass 2019" for this exhibition.

Lecture

担当学芸員によるギャラリートーク
Aug. 16 (Fri) 16:00~
Sep. 6 (Fri) 16:00~
Sep. 20 (Fri) 16:00~
Oct. 4 (Fri) 16:00~
Oct. 18 (Fri) 16:00~
会期中の第1、第3金曜日16:00より、担当学芸員による展示解説を行います。
展覧会チケット(当日消印)をご持参のうえ、3階展示室入口にお集まりください。
担当学芸員によるギャラリートーク
Nov. 1 (Fri) 16:00~
会期中の第1、第3金曜日16:00より、担当学芸員による展示解説を行います。
展覧会チケット(当日消印)をご持参のうえ、3階展示室入口にお集まりください。