TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-18:00

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語

ワークショップ/体験型プログラム

募集

オープンワークショップ@TOP MUSEUM(開催日:2020年3月21日)

このワークショップでは、東京都写真美術館の制作プログラムを体験できます。 プログラムは2種類。アニメーション体験プログラムでは、パソコンを用いたコマ撮りアニメと自由に作画できる[おどろき盤*]を行います。写真現像の体験プログラムでは、当館ならではの本格的な写真暗室で、引き伸ばし機や薬品を用いて、手焼きの[モノクロ写真プリント*]を制作します。
申込不要、当日随時ご参加できるオープンワークショップになっています。小学生や親子でのご参加、中学生、高校生の皆さん、大人のグループのご参加も大歓迎です。 ぜひお越しください!

日 程 2020年3月21日(土) 10:30~17:00
体験時間 各プログラム30-60分程度
*当日の混雑状況によって時間制となる場合があります。ご了承ください。
最終受付 当日16時まで
場所 東京都写真美術館 1Fスタジオ
対象 だれでも参加できます
*小学2年生以下は必ず保護者とご参加下さい。小学3年生以上は子供のみの参加も可能です。
参加費 各プログラムにつき一人300円
参加方法 事前申込不要、当日自由参加
お問合せ先 東京都写真美術館パブリックプログラム
wsp6362_learning@topmuseum.jp

*おどろき盤(フェナキスチスコープ)は、19世紀を起源とする原始的なアニメーション装置です。円盤状の紙に絵や図形を少しずつ変化させながら描き、それを鏡に向かって回転させて、盤上のスリットを通して鏡に映る円盤を見ると、描いた絵が動画として知覚されるという仕組みです。
*写真暗室での現像体験は、美術館が用意する「デジタルネガフィルム」を用いたモノクロ銀塩プリント、さまざまな素材をモノクロ印画紙に写す「フォトグラム」を行います。
*ワークショップの様子は参考画像です。当日の内容や制作物の詳細は若干変更する場合があります。
*各プログラムの体験時間は30-60分程度です。当日の混雑状況によって時間制となる場合があります。ご了承ください。