TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-20:00

本日は開館しております(10:00-20:00)

本日は開館しております(10:00-20:00)

日本語

ワークショップ/体験型プログラム

募集

高校生限定 スマホの写真でもOK!暗室でモノクロ写真プリントワークショップ(開催日:2019年3月17日)

写真に興味のある高校生のための、暗室での現像を体験するワークショップです。
デジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像をつかって、暗室で本格的なモノクロ写真を制作します。
もちろん、普段からフィルムカメラを使っている人はお持ちのフィルムからモノクロプリントできるほか、「写ルンです」など使い捨てカメラで撮影したフィルムを持参してもOKです。
これから写真をはじめたい人や、デジタルカメラしか触ったことのない人、普段はケイタイやスマホで写真を撮っているという人でも、誰でもわかりやすく楽しく体験できるワークショップです。 皆様のご応募をお待ちしております。



日 程 2019年3月17日(日) 13:00~16:00
場所 東京都写真美術館 1F スタジオ
参加対象 高校生またはそれに準じる年齢の方
現像済みの銀塩ネガフィルム(カラー/モノクロ可、35mm/中判フィルム対応可)をご用意できる方、またはデジタル画像データ2点をご用意できる方
参加費 1,500円(ともだち割引:2人以上で参加の場合は、お一人様1,200円になります)
定員 10名 事前申込制、先着順
申込締切 2019年3月7日(木)10:00 AM
※定員に達した時点で申込締切となりますので、ご了承ください。
申込方法 電子メールで、プログラム名/参加日、お持ちになる画像の種類(デジタル画像データもしくはネガフィルム。ネガフィルムの場合は、カラー/モノクロ、35mm/中判フィルムといったご持参されるネガフィルムのフォーマットもお分かりであれば記載してください)、申込者の郵便番号、住所、氏名、学年、電話番号をご記入の上、下記の申込先までお送りください。メール件名は「高校生のための写真ワークショップ」と必ずご記入ください。
申込先 東京都写真美術館パブリックプログラム
(メールアドレス)wsp6362_learning@topmuseum.jp

【このワークショップについて】
*銀塩写真印画紙はRCペーパーを使用いたします。
*このワークショップで制作するプリントのカット数は、銀塩ネガフィルムの場合一人3カット程度、デジタル画像の場合は一人2カット程度です。
*デジタルネガの出力にはデジタルネガフィルムを使用します。
*デジタル画像ご使用の方は、当館の貸出用35mmネガフィルムを用いて引き伸ばしによるプリント制作の練習を行った後、デジタルネガフィルムの密着焼き付けによるプリント制作を行います。
*デジタル画像ご使用の方は、事前にデジタル画像(カラー画像)をご用意していただきます。JPEG形式もしくはTIFF形式のデジタル画像2点を当館へ電子メールで送信またはCD-Rで郵送していただき、ワークショップ・スタッフがデジタルネガフィルムを制作します。データ提出の詳細や締め切り等については、当館からお送りする「参加のご案内」メールをご覧下さい。
*セキュリティ上の理由によりUSBメモリー等の読み書き可能なメディアは受付できませんので、ご了承下さい。

【お申し込み・ご参加についてのご注意】
*お申し込みの際は「申込方法」に記載された必要事項を必ず明記して下さい。記入がないものは無効とさせていただきます。
*お申し込みの際は電子メール1通につき申込者複数名、複数コースを申し込むことはできません。
*申込は先着順となります。定員に達した時点で申込締切となりますので、ご了承ください。
*ご参加いただける方には、お申し込みいただいた後に「参加のご案内」をメールでお送り致します。いずれのプログラムとも、お電話でのお申し込みはできませんので、ご了承ください。
*ワークショップお申し込みの際にお客様にご記入いただく住所・電話番号等の個人情報はお申し込みいただいたワークショップに関する連絡事項等を、当美術館からお客様にお伝えするために使用するものです。その他、お客様の個人情報の取扱いにつきましては、東京都歴史文化財団プライバシーポリシーをご参照ください。

【メール受信に関するご注意】
当館から皆様へのワークショップ参加可否についてのご連絡メールが、プロバイダーやメールソフトなどの迷惑メール防止機能で、迷惑メールと誤判定されて届かない場合や、自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられているケースがまれに見受けられます。迷惑メールフォルダに振り分けられている場合は、受信トレイに移動してください。また、迷惑メールと判定されている可能性がある場合は、受信許可リストに[wsp6362_learning@topmuseum.jp]を登録するなどの設定を行ってください。