TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語
©講談社2018

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、入場制限などを実施します。 ご来館のお客様は、必ずこちらをご確認ください。

東京裁判

4Kデジタルリマスター版

1F

2020.8.299.11

  • 公式ホームページ → http://www.tokyosaiban2019.com/

  • お問い合せ:太秦株式会社 03-5367-6073
  • 上映期間:2020年8月29日(土)~9月11日(金)
  • 休映日:8月31日(月)、9月7日(月)

■上映時間 13:00(1日1回のみ)
※前半(135分)と後半(142分)の間に、15分間の休憩を予定しております。

■料金
当日券:一般 2,500円/シニア 1,900円/学生 1,700円/高校生 1,200円/中学生以下 1,000円/障害者手帳をお持ちの方1,100円
各種割引: 以下の方は当日一般料金が割引になります。
○ 当館での展覧会、映画の半券持参者(半券1枚につき一回の割引) 2,000円
○ 当館年間パスポート提示(同伴者1名まで) 2,000円
○ (公財)東京都歴史文化財団が管理する施設の友の会会員証・年間パスポート提示 2,000円
○ MIカード(三越伊勢丹グループのクレジットカード)およびMIカードプラス(ただし、MIカード(スタンダード)を除く。)2,000円
○アトレビューSuicaカード、JREカード(クレジットカード)提示 2,000円
○ 夫婦50割引(どちらかが50歳以上、お二人揃ってご購入の場合・要証明) 2人で2,400円
○ 当館が発行する映画優待割引券(支援会員)持参者 2,000円


・全席指定/各回定員入替制/立ち見不可/事前予約不可
・当日午前10:00より受付を開始いたします。
・満席の場合、ご入場をお断りいたしますので、予めご了承ください。
・開場は上映開始時間の10分前を予定しています。


©講談社2018

君は知っているか
敗戦の虚脱と混乱を、そして平和到来の歓喜を
昭和から平成を超え、令和に問いかけてくる、何を裁き、何が裁かれなかったのかを

『人間の條件』『切腹』の巨匠 小林正樹監督が
自らの戦争体験をもとに鎮魂の祈りを込めて綴った4時間37分
4Kデジタルリマスター版で鮮やかに蘇る


総プロデューサー:足澤禎吉、須藤 博/エグゼクティブプロデューサー:杉山捷三(講談社)
プロデューサー:荒木正也(博報堂)、安武 龍
原案:稲垣 俊/脚本:小林正樹、小笠原 清(CINEA-1)
編集:浦岡敬一(CINEA-1)/編集助手:津本悦子、吉岡 聡、佐藤康雄
録音:西崎英雄(CINEA-1)/録音助手:浦田和治/音響効果:本間 明/効果助手:安藤邦男
資料撮影:奥村祐治(CINEA-1)/撮影助手:北村徳男、瓜生敏彦/ネガ編集:南 とめ/ネガ編助手:大橋富代
タイトル美術:日映美術/現像:東洋現像所/録音:アオイスタジオ/協力:博報堂
史実考査:一橋大学教授 細谷千博(現代史)、神戸大学教授 安藤仁介(国際法)
翻訳監修:山崎剛太郎/監督補佐:小笠原 清/助監督:戸井田克彦/製作進行:光森忠勝
ナレーター:佐藤 慶
音楽:武満 徹/指揮:田中信昭/演奏:東京コンサーツ
監督:小林正樹

デジタル修復補訂版2018
デジタルリマスター監修:小笠原 清、杉山捷三
アーカイブコーディネーター:水戸遼平/フィルムインスペクション:千陽裕美子
デジタルレストレーション:黒木 恒、高橋奈々子、森下甲一/カラリスト:阿部悦明/音調調整:浦田和治
協力:独立行政法人国立映画アーカイブ、株式会社IMAGICA Lab.
サウンドデザイン ユルタ、豊国印刷、バーミンガム・ブレーンズ・トラスト
特別協力:芸游会

企画・製作・提供:講談社
配給:太秦
1983|日本|モノクロ|DCP|5.0ch|277分