TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

本日休館日

本日休館日

日本語
©NHK

返還交渉人

いつか、沖縄を取り戻す

1F

2018.8.11・祝8.31

  • お問い合せ:太秦株式会社 03-5367-6073
  • 上映期間:2018年8月11日(土・祝)~8月31日(金)
  • 休映日:毎週月曜日
  • 上映時間:13:30/15:50

公式ホームページ → http://www.henkan-movie.com/
映画「返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す」予告 → https://youtu.be/_4ghOAq5AgA

■特別鑑賞券絶賛発売中 1,300円(当日一般1,700円の処)
特別鑑賞券をご購入の方に、特製ポストカードプレゼント!(数量限定)
【販売窓口】
・東京都写真美術館1階受付 ※休館日にご注意ください。
・有隣堂アトレ恵比寿店

■料金
当日券:一般1,700円/学生1,500円/シニア・中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方1,100円
各種割引: 以下の方は当日一般料金が割引になります。
○ 当館パスポート会員(会員証提示・同伴者1名まで) 1,400円
○ 当館での展覧会、映画の半券持参者(半券1枚につき一回の割引) 1,400円
○ (公財)東京都歴史文化財団が管理する施設の友の会会員証・年間パスポート提示 1,400円
○ MIカード(三越伊勢丹グループのクレジットカード)およびMIカードプラス(但し、MIカード(スタンダード)を除く。)提示 1,400円
○アトレビューSuicaカード、JREカード提示 1,400円
○ 夫婦50割引(どちらかが50歳以上、お二人揃ってご購入の場合・要証明) 2人で2,200円
○ 当館が発行する映画優待割引引換券(支援会員)持参者 1,400円


©NHK

諦めたら負けだ
1972年、沖縄返還の舞台裏で何が起きていたのか。
米軍の“理不尽な占領”と闘い続けた実在の外交官
知られざる真実の物語

沖縄返還に東奔西走した外務官僚の活躍・苦悩が、今、初めて蘇る。 2010年の外務省の“密約問題”調査により、72年の沖縄返還当時の外交資料がほぼ全て公開された。資料を読み解くと、対米交渉・対沖縄折衝の両面で1人の外交官が大きな役割を担ってきた事が初めて判った。その男の名は、千葉一夫。「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官である。非公開資料や遺族への丹念な取材から掘り起こした宮川徹志の『僕は沖縄を取り戻したい異色の外交官・千葉一夫』(岩波書店刊)を原案に、昭和史のハイライトの一つ、沖縄返還交渉の舞台裏を初めて描く、骨太の“社会派エンターティメント映画”。

©NHK


井浦新 戸田菜穂 尾美としのり 中島歩 みのすけ チャールズ・グラバー 吉田妙子 平良進 津波信一 佐野史郎 大杉漣 石橋蓮司
脚本:西岡琢也 音楽:大友良英 語り:仲代達矢
原案:宮川徹志「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」(岩波書店刊)
プロデューサー:西脇順一郎   監督:柳川強
資料提供:那覇出版社、那覇市歴史博物館、沖縄県公文書館
制作・著作:NHK/配給:太秦
【2018年/100分/DCP/16:9/日本】
©NHK

©NHK