TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-18:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は1Fの上映時間を参照

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語

© 2015 T&C Film © 2015 FRENETIC FILMS.

DARK STAR

H・R・ギーガーの世界

1F

2017.9.910.1

  • 公式ホームページ → http://gigerdarkstar.com/

  • お問い合せ:Boid 03-3203-8282
  • 上映期間:2017年9月9日(土)~10月1日(日)
  • 休映日:9月11日(月)、16日(土)、19日(火)、25日(月)

■上映時間

【9月9日~9月18日】 10:30/12:45/15:30/18:30
【9月20日~9月24日】 10:30/12:45/15:30
【9月26日~10月1日】 10:30の回のみ

■料金
一般1,800円/学生1,500円/シニア・中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方1,100円
各種割引: 以下の方は当日一般料金が割引になります。
○ 当館パスポート会員(会員証提示・同伴者1名まで) 1,500円
○ 当館での展覧会、映画の半券持参者(半券1枚につき一回の割引) 1,500円
○ 当館が発行する映画優待割引引換券(支援会員)持参者 1,500円
○ (公財)東京都歴史文化財団が管理する施設の友の会会員証・年間パスポート提示 1,500円
○ 三越カード・伊勢丹カード、アトレビューSuicaカード会員(会員証提示) 1,500円
○ 夫婦50割引(どちらかが50歳以上、お二人揃ってご購入の場合) 2人で2,200円


© 2015 T&C Film © 2015 FRENETIC FILMS.


魂の深い闇の中、孤独に輝く星がある―
「エイリアン」造形の産みの親、孤高のアーティストの生涯に迫るドキュメンタリー
恐怖と苦痛に満ちた夢と記憶― 世にも美しいクリーチャーたちの秘密
「私の絵を怖いと思う人は現実を把握していない人だ。」 H・R・ギーガー


『エイリアン』(1979年/リドリー・スコット監督)の造形で、1980年のアカデミー視覚効果賞を受賞したスイスの画家・デザイナーのH・R・ギーガー。その作品は世界中のファンを魅了し、数々のアルバム・ジャケットにも使用され、多くのアーティストたちに影響を与えてきた。6歳の時に父親にプレゼントされた頭蓋骨や、博物館でのミイラの恐怖といった創作の源泉、3人の女性のパートナーとの出会い。そしてもちろん『エイリアン』誕生秘話も語られる。「H・R・ギーガー財団」公認、稀有のアーティストのドキュメンタリー。

映し出されるギーガーの自宅やアトリエはまるで宇宙の中心のようにも見える。時間からもぎとられ、閉ざされたシャッターの向こう側にあるこの宇宙では、昼と夜が溶け合っている。彼の王国について知る者は家族と親しい友人たち、数名のアシスタントのみ。本作ではそんな「ダーク・スター」の中心へとカメラが入り込んだ。

映画に登場するのは73歳のH・R・ギーガー。所有する頭蓋骨に対しての、愛にあふれた感謝を彼は述べる。それは彼の抱える暗闇の最深部に旅に出るためのエンジンのようなもの。しかしその旅はもうじき終わるだろう、と彼は静かに付け加える。この映画の中のギーガーは、自分の死期が近いことを予見し、その最後の時を静かに楽しんでいるようでもある。2014年5月、74年間の地球上での人生が終わる。その最後の日々を、私たちはここに目にすることになる。


© 2015 T&C Film © 2015 FRENETIC FILMS.


監督:ベリンダ・サリン
撮影:エリック・シュティツェル
編集:ビルギット・ムンシュ=クライン
音楽:ペーター・シェーラー
共同プロデューサー:マーティン・シルト、ベリンダ・サリン
プロデューサー:マルセル・ホーン
出演:H・R・ギーガー、カルメン・マリア・ギーガー、マルコ・ヴィツィヒ、ザンドラ・ベレッタ、ハンス・ H・カンツ、トム・ガブリエル・フィッシャー、ほか
T&C Film作品
共同製作:スイスTVドイツ語放送、スイス放送協会、Lucky Film
原題:DARK STAR – HR GIGERS WELT
2014年/99分/スイス/カラー/デジタル/5.1ch
提供:日活/配給:日活、boid/宣伝:boid、岩井秀世
字幕翻訳:馬郡 慎平/日本語版監修:胸組光明

関連イベント

オリジナル缶バッジプレゼント
当館ホール受付にて、本作品の映画鑑賞券をご購入の際に、タワーレコード渋谷店8階SpaceHACHIKAで開催の『H・R・ギーガー ポスター&アート展』の入場レシートをご提示いただくと、オリジナル缶バッジをプレゼントいたします。

交換期間:10/1(日)まで
※当館ホール受付にて『H・R・ギーガー ポスター&アート展』の入場レシートをご提示いただくか、タワーレコード渋谷店8階SpaceHACHIKAIに当館の映画鑑賞券をお持ちください。
※9/9(土)以降の映画鑑賞券が有効です。
※半券(レシート)1枚につき、缶バッジ1個をお渡しします。
※缶バッジは非売品です。なくなり次第終了となります。
トークショー付き上映回
2017年9月9日(土) 12:45の回上映終了後  終了致しました
2017年9月9日(土) 15:30の回上映前  終了致しました

「DARK STAR / H・R・ギーガーの世界」
トークショー付き上映回が決定!!
【登壇者】
マルコ・ヴィッツィヒ氏(キュレーター/H・R・ギーガー財団の作品管理者)
胸組 光明氏 (スタイルオンビデオ代表/ハリコレ主催/H・R・ギーガー家族の友人)
※都合により変更となる可能性がございます。

スイス、チューリッヒよりマルコ・ヴィッツィヒ氏をお招きして、生前のギーガー氏の芸術的功績やその人間性などを振り返るトークショーを開催いたします。
マルコ・ヴィッツィヒ氏は、長年ギーガー氏のアシスタントとして働き、現在はH・R・ギーガー財団管理の作品を世界中の様々な企画展で展示を行っております。また、日本におけるギーガー作品の商品化などに貢献してきた胸組 光明氏もお招きして、生前のギーガー氏のアートとその生涯について貴重な話を伺います。
マルコ・ヴィッツィヒ氏は本作の映画のプログラムの監修(東京都写真美術館ミュージアムショップにて発売予定)をはじめ、タワーレコード渋谷店8F SpaceHACHIKAIで開催される『H・R・ギーガーのポスター&アート展』の企画・監修を務めている。
http://gigerdarkstar.com/