TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-18:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は1Fの上映時間を参照

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語
 
Photo 女子パウロ会 

列聖記念 マザー・テレサ映画祭

1F

2016.9.109.30

  • 公式ホームページ → http://www.motherteresa.co.jp/

  • お問い合せ:東風(とうふう) 03-5919-1542
  • 上映期間:2016年9月10日(土)~9月30日(金)
  • 休映日:9月12日(月)、20日(火)、26日(月)

■上映作品
『マザー・テレサと生きる』 
『マザー・テレサとその世界』
『マザー・テレサの祈り 生命(いのち)それは愛』 
『母なることの由来 -デジタル復刻版-』
『母なるひとの言葉』
『マザー・テレサの遺言』

特別上映作品
『すばらしいことを神さまのために~Something Beautiful For God~』
※本映画祭の当日券または前売券の提示で、当日ご希望の方を先着順でご招待します。
上映作品の詳細はこちらをご覧ください。


上映時間はこちらをご覧ください。

■料金:当日券
一般・大学・専門学生1,300円/シニア・障がい者手帳をお持ちの方1,100円/高校生以下800円/リピーター割(本映画祭の当日券または前売券の半券提示)1,100円

※各回定員入替制・当日座席指定制です。日時指定(予約制)ではありません。
※前売特別鑑賞券をお持ちの方も、ご来場当日に必ず受付していただく必要がございます。
※午前10:00より開館し、開館と同時に当日各回の受付を開始します。混み合う回はお早めに受付をお済ませください。
※満席となった場合は前売特別鑑賞券をお持ちでもご入場できません。ご了承ください。

【Facebook】

https://www.facebook.com/mtfilmfes


Photo 女子パウロ会

宗教や人種をこえて、貧しい人々のために生きたマザー・テレサ。1979年にはノーベル平和賞を受賞。1997年に惜しまれながら亡くなるまで、彼女はその行いによって「愛」とは何かを世界中に示し続け、今なお135の国と地域で、多くの人々がマザー・テレサの精神を引き継ぎ、活動しています。
そして2016年3月、バチカン(ローマ法王庁)はマザーを、ローマ・カトリック教会で最高位の崇敬対象と なる「聖人」に認定しました。式典(列聖式)は2016年9月4日、マザーの命日(9月5日)の前日に執り行われます。
2010年に開催された「生誕100年記念 マザー・テレサ映画祭」では、東京都写真美術館ホールの総動員数歴代1位を更新し、映画を通じて多くの方がマザー・テレサの精神に触れました。 マザー・テレサの列聖、そして東京都写真美術館のリニューアル・オープンを記念して、彼女の愛に満ちた活動を記録した珠玉のドキュメンタリー映画7本を上映いたします。強く、美しく、優しさに満ちたマザーの姿、そして彼女が残した数々の言葉。その輝きは色あせることなく、不寛容な現代を生きる私たちに大切なことを教えてくれます。

Photo 女子パウロ会

関連イベント

記念トークショー開催
2016年9月10日(土) 12:15『マザー・テレサと生きる』上映後  終了致しました
【登壇者】千葉茂樹監督
※この回をご鑑賞の方のみご参加可能です。
記念トークショー開催
2016年9月16日(金) 開場18:30/開演19:00  終了致しました
【登壇者】片柳弘史神父
※本映画祭の当日券または前売券の掲示で、当日ご希望の方を先着順でご招待します。
記念トークショー開催
2016年9月24日(土) 12:15『マザー・テレサの遺言』上映後  終了致しました
【登壇者】こいずみゆりさん(音楽家)
※この回をご鑑賞の方のみご参加可能です。