TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-18:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は1Fの上映時間を参照

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語

©cinemabox

レイトショー

ウォーナーの謎のリスト

1F

2016.11.511.13

  • 公式ホームページ → http://www.cinemabox.jp

  • 上映期間:2016年11月5日(土)~11月13日(日)
  • 休映日:11月7日(月)、11日(金)
  • 上映時間:連日18:30

※本上映会のお問い合わせ先電話番号は、11月8日(火)より下記の電話番号に変更となっております。
作品内容の問い合わせ先:CINEMA BOX 03-5378-1001

■料金:一般1,800円、大・専門生1,500円、中・高生・シニア・障がい者手帳をお持ちの方1,000円
■各種割引: 以下の方は当日一般料金が割引になります。
○ 当館パスポート会員(会員証提示) 1,500円
○ 当館での展覧会、映画の半券持参者(半券1枚につき一回の割引) 1,500円
○ 三越カード・伊勢丹カード、アトレビューSuicaカード会員(会員証提示) 1,500円
○ 夫婦50割引(どちらかが50歳以上、お二人揃ってご購入の場合) 2人で2,000円

※各回定員入替制・当日座席指定制です。日時指定(予約制)ではありません。
※前売特別鑑賞券をお持ちの方も、ご来場当日に必ず受付していただく必要がございます。
※午前10:00より開館し、開館と同時に当日各回の受付を開始します。混み合う回はお早めに受付をお済ませください。
※満席となった場合は前売特別鑑賞券をお持ちでもご入場できません。ご了承ください。


第二次世界大戦の舞台裏。日本の文化財を救おうとした外国人たちがいた。米国人美術家ラングドン・ウォーナーもその一人。日本において空爆すべきでない151ヶ所のリスト「ウォーナー・リスト」を作成した人物である。
また、世界最大規模を誇る古書店街神田神保町。実はこの一画は、太平洋戦争中空襲を受けなかった。そこには、夏目漱石の門下で、親日家のロシア人セルゲイ・エリセーエフが大きく関与したとされている。果たして、当時の日本に暮らし、日本文化に触れた外国人たちによって、日本の文化財は本当に救われたのだろうか?「ウォーナー・リスト」には、国宝から個人所蔵の宝まで150を超える日本の文化財リストが記されている。例えば、平泉・中尊寺、長野・善光寺、日光・東照宮、出雲大社、鎌倉・大仏、伊勢神宮、厳島神社、延暦寺、平等院、薬師寺、法隆寺、高野山の30の寺院、桂離宮、清水寺、竜谷大学附属図書館、大阪市立図書館、東洋文庫、早稲田大学・仏教図書館と博物館、東京帝国大学・図書館と文学部史料編纂所書庫、上野公園、東京美術学校、東京帝室博物館、皇居、明治神宮、帝国ホテル、団伊能私設コレクション、岩崎私設コレクション(静嘉堂文庫)、前田侯爵私設コレクション、細川私設コレクション(永青文庫)等々。
これだけのリストを外国人がなぜ作れたのか?その背景には、日本人の有力な力があった。歴史家でありイエール大学の教授であった朝河貫一。彼こそがウォーナー・リストに多大な影響を与えた日本人である。
また、文化財を保護する目的と人道主義の立場から、ウォーナーと朝河は、太平洋戦争を回避する工作を試みた。それは、ルーズベルト大統領から天皇に親電を送るという大胆な発想だった。この100万分の1の可能性に賭けた男たちの手紙から当時の状況が紐解ける。文化を残す意義。文化財とは人類共通の結晶であり宝であると。
アメリカ国立公文書館、議会図書館に残された資料、イエール大学図書館、ハーバード大学図書館、ボストン美術館、台湾国立図書館等の資料をもとに、30名に上る証言者たちが太平洋戦争に隠された知られざる史実を語っていく。 この映画は、第二次世界大戦に隠された知られざる歴史巨編である。


©cinemabox

2016年/日本/カラー
上映時間は116分に変更となりました。