本日は開館しております(10:00-18:00)

タマシュ・ヴァリツキー《二眼レフカメラ》〈想像のカメラ〉より、2017/ 2018年、コンピューター・グラフィック
B1F 展示室

イメージ・メイキングを分解する

2022.8.910.10月・祝

  • 開催期間:2022年8月9日10月10日月・祝
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
  • 料金:一般 700(560)円/学生 560(440)円/中高生・65歳以上 350(280)円 ※( )は当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引料金。各種割引の詳細はご利用案内をご参照ください。各種割引の併用はできません。 ※小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者(2名まで)、年間パスポートご提示者は無料。

当館の映像・光学装置、1960~70年代の初期コンピュータで生成されたイメージ、そして近年のコンピュータで制作された作品を展覧することを通じて、東京都写真美術館の映像資料の今日的な解釈や意義を考察いたします。出品作家は、藤幡正樹、木本圭子、タマシュ・ヴァリツキー他を予定。既にある「ものの見方」と「イ メージの作り方」に対する作家たちの挑戦を紹介します。

※事業は諸般の事情により変更することがございます。 あらかじめご了承ください。