本日休館日

土田ヒロミ ≪鳥取砂丘、「新・砂を数える」より≫ 鳥取、2001

※本展は5月16日までの開催を予定しておりましたが、4月25日までの開催に会期を変更いたしました。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、入場制限などを実施します。
※ご来館の前に、必ずこちらをご確認ください。
ご来館時に東京版新型コロナ見守りサービスへの登録にご協力をお願いいたします。
B1F

日本写真家協会創立70周年記念
「日本の現代写真1985-2015」

2021.3.20土・祝4.25

  • 開催期間:2021年3月20日土・祝4月25日
  • 休館日:毎週月曜日
  • 料金:料金:一般1,000(800)円 / 学生・65歳以上800(640)円 ※高校生以下、および障害者手帳をお持ちの方とその介護者(2名様まで)は無料 ※各種割引の併用はできません。

日本写真家協会(JPS) は、創立70周年の節目に、写真史「日本の現代写真1985-2015」の編纂と写真展を開催いたします。過去に刊行した、「日本写真史1840-1945」、「日本現代写真史1945-1970」、「日本現代写真史1945-95」に続く4冊目の写真史であり、フィルムからデジタルヘと表現手段が変化したことで、写真を取り巻く環境が劇的に変化した直近の30年を総括する企画です。
本展では編纂対象とする30年を、第1期: 1985年~1994年、第2期: 1995年~2004年、第3期: 2005年~2015年と10年ごとの3期に分類しました。
第1期の時代は、経済の拡大とともに、世界的にグラフジャーナリズムが最も栄えた時代と言えます。次いで第2期で特筆すべきことは、2000年頃から急速に進んだデジタルカメラの性能向上により、フィルムカメラからデジタルヘの切り替えが始まったことです。 第3期になると、デジタルカメラの進化は著しく、機種が更新される度に性能は格段の進化を遂げ、世界で流通するカメラがデジタルに切り替わり、日本製デジタルカメラが世界市場を席巻した時代でもありました。
新型コロナウイルスの感染拡大により、世界はいま未曾有の危機に直面しています。未知の世界と触れることで刺激を受け、作品を創り続けてきた多くの写真家が、かつて経験したことのない困難に直面させられています。写真を取り巻く環境が激変し、更に加速してゆくこの時代に、この30年間に活躍した写真家152人の代表作を選び、総括しておくことは日本の写真史にとっても、大変意義のあることと考えます。 どのような時代になろうとも、世界を、森羅万象をしっかり見つめること、そして何よりも写真の底力を信じることで、写真家は時代を乗り越えてゆくのです。

野町和嘉 公益社団法人日本写真家協会会長


「JPS(公益社団法人日本写真家協会)」公式ホームページはこちら(ページにリンクします)


川島小鳥 ≪「未来ちゃん」≫ 新潟・佐渡島、2010


上田義彦 ≪AMAGATSU、1990≫ 東京、1990


今森光彦 ≪アフリカタマオシコガネのペア≫ ケニア、1986


田沼武能 ≪無料給食が楽しみで学校に通う子ら≫ ハイチ、1995

お問い合わせ先
公益社団法人 日本写真家協会
メール info@jps.gr.jp
電話 03-3265-7451
FAX 03-3265-7460
HP https://www.jps.gr.jp/

□主催:公益社団法人日本写真家協会
□後援:文化庁
□共催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
□特別協賛:キヤノンマーケティングジャパン株式会社/凸版印刷株式会社/株式会社ニコン/株式会社ニコンイメージングジャパン/富士フイルムイメージングシステムズ株式会社/株式会社ヨドバシカメラ(五十音順)
□協賛:日本写真家協会賛助会員ほか

※事業は諸般の事情により変更することがございます。 あらかじめご了承ください。

展覧会図録

日本の現代写真1985-2015
CONTEMPORARY JAPANESE PHOTOGRAPHY*1985-2015
序文、作品、解説、資料、あとがき、全280ページ、編集:日本写真家協会
発行:株式会社クレヴィス 3,300円(税込)

図録一覧はこちら


※事業はやむを得ない事情で変更することがございます。 あらかじめご了承ください。