TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

日本語

比嘉康雄〈生れ島・沖縄〉より 1969-77年頃 ゼラチン・シルバー・プリント
3F

TOPコレクション 琉球弧の写真(仮称)

2020.9.2911.23月・祝

  • 開催期間:2020年9月29日11月23日月・祝
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日休館)
  • 料金:決定次第お知らせします。

沖縄を代表する作家の多種多様な写真表現を通して、沖縄写真の魅力を伝える展覧会です。 沖縄は日本の他の地域とは異なる歴史をもち、独自の文化を育んできました。沖縄に生まれ、沖縄にレンズを向けた写真家の作品には、沖縄のみならず、琉球弧(奄美群島から八重山列島にかけて弧状に連なる島々)全体を見据えたまなざしをもち、その多様なまなざしは、この土地の豊かさと同時に、固有の難しさも表しています。 本展は、これまで日本の公立美術館で紹介されることが少なかった、沖縄出身の代表的な作家の写真作品を網羅的に紹介する初の展覧会です。沖縄本島だけではなく周辺の島々を写した作品など、当館の新規収蔵作品を中心に約120点の写真作品から、琉球弧の文化の多様性を紹介します。

出品予定作家
山田 實(やまだ・みのる/1918-2017)
比嘉 康雄(ひが・やすお/1938-2000)
伊志嶺 隆(いしみね・たかし/1945-1993)
平敷 兼七(へしき・けんしち/1948-2009)
比嘉 豊光(ひが・とよみつ/1950-)
石川 真生(いしかわ・まお/1953-) ほか

□主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
□助成:公益財団法人ポーラ美術振興財団