TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

本日休館日

本日休館日

日本語

下岡蓮杖《(相撲)》1867-71年頃 鶏卵紙 東京都写真美術館蔵
3F

日本初期写真史 関東編

幕末明治を撮る

2020.3.35.24

  • 開催期間:2020年3月3日5月24日
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日休館) ※ゴールデン・ウィーク期間中の休館日は決定次第お知らせします
  • 料金:一般 700(560)円/学生 600(480)円/中高生・65歳以上 500(400)円 ※( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料/当館年間パスポートご提示者無料(同伴の方1名様まで無料)

東京都写真美術館では、初期写真技術と歴史を紹介し、日本の初期写真を各地域で掘り下げる「日本初期写真史 関東編」を開催します。 本展は、関東地方における幕末明治の初期写真文化に着目し、高橋則英(日本大学藝術学部写真学科教授)の指導のもと、失われた物質写真の技術をわかりやすく紐解くと共に、幕末の開港と共に普及し、明治時代に定着する写真文化の潮流を通覧します。 出品作品は、初期写真技術を解説する各技法の作品群に加え、侍たちに驚きを持って迎えられた光学的侍像としての写真、幕末期に日本を訪れた外国人による江戸や横浜、横須賀の風景写真群。そして、日本初の写真館で制作された肖像写真、日本人初の写真家である鵜飼玉川の作品をはじめ、関東地方で開業した各地で最初の写真家とその作品を紹介。 幕末期に創成し、明治期に華開いた関東地方の初期写真文化をオリジナルプリントやネガ原板等の作品、写真器材や道具等の資料を駆使して多角的に鳥瞰します。

□ 主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
□ 協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜