TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-18:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は1Fの上映時間を参照

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語

キム・インスク《息子と私》シリーズ〈サイエソ:はざまから〉より、2008年
2F

愛について アジアン・コンテンポラリー

2018.10.211.25

  • 開催期間:2018年10月2日11月25日
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
  • 料金:一般 800(640)円/学生 700(560)円/中高生・65歳以上 600(480)円 ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引、当館年間パスポートご提示者(ご利用案内をご参照ください)/小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料

発展と変容が著しいアジア。現代写真・美術の世界でもアジアへの視線が熱くなっています。東京都写真美術館はアジアの写真美術館として、ハブ機能を果たしていけるよう努力しております。これからも継続 的にアジアの作品を取り上げる予定です。今回は女性作家を中心に、変容著しい家族やセクシュアリティやジェンダーに焦点をあて、アジアの現在の一面を照らす展覧会を開催します。この展覧会は中国、台湾、シンガポール、 韓国、そして在日コリアの女性アーティストの作品で構成しています。国も年齢もアーティストとしての キャリアも異なる彼女たちの作品は、各々が高い評価を得ている「アジアン・コンテンポラリー」であるという大枠の共通点以上に、女性の価値観が様々に変容するアジアの“今”を共有しています。それぞれの現実を直視し、それぞれの“今”を思索しながら疾走する姿勢で通じています。彼女たちは何を考えているのでしょうか。それは「愛について」。

出品予定作家
キム・インスク〈韓国〉、キム・オクサン〈韓国〉、ホウ・ルル・シュウズ(台湾)、チェン・ズ(中国)、ジェラルディン・カン(シンガポール)
ほか