TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-18:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は1Fの上映時間を参照

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語

山崎博 〈CRITICAL LANDSCAPE〉より 1985年 作家蔵
2F

総合開館20周年記念
山崎博 計画と偶然

2017.3.75.10

  • 開催期間:2017年3月7日5月10日
  • 休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
  • 料金:一般 600(480)円/学生 500(400)円/中高生・65歳以上 400(320)円  ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料

光・映像を「時間と光」というエッセンスで捉え、1960年代末 から活躍してきた作家・山崎博(1946-)の仕事をたどる、公立美術館では初めての回顧展を開催します。長時間露光によって太陽の光跡を視覚化した代表シリーズ《HELIOGRAPHY》や《櫻》など、 ミニマルで方法論的な作品表現で知られています。本展では初期の写真シリーズ《Early Works》をはじめ、 《Optical Landscape》など代表的な写真作品群、また写真と平行して作家が追究してきた映像作品、未発表作品、 再制作による作品などを取り上げ、出品点数150点程度によって、現代のコンセプチュアルな写真・映像の先駆者・山崎博の 歩みを今日的な視点から通覧します。


【作家略歴】
1946年長野県生まれ。1968年日本大学芸術学部を中退。1969年写真を始める。以降、フリーランスで写真撮影。1973年16ミリフィルム映画作品を作り始める。1983年長時間露光による太陽の作品シリーズを手がける。第33回日本写真協会新人賞を受賞。1994年第26回伊奈信男賞を受賞。2001年東北芸術工科大学教授。2005年武蔵野美術大学教授。


〈EARLY WORKS〉より ≪山下洋輔≫ 1973年 東京都写真美術館


OBSERVATION 観測概念〉より 1974年 東京都写真美術館蔵

□主催:東京都 東京都写真美術館/読売新聞社/美術館連絡協議会
□協賛:ライオン/大日本印刷/損保ジャパン日本興亜/日本テレビ放送網


関連イベント

対談「山崎博をめぐって」
2017年3月25日(土) 14:00~15:30 北野謙(写真家)× 石田哲朗(東京都写真美術館学芸員)
2017年4月16日(日) 14:00~15:30 金子隆一(写真史家)× 石田哲朗(東京都写真美術館学芸員)
定員:各回50名
会場:東京都写真美術館 1階スタジオ  
※当日午前10時より1階総合受付にて整理券を配布します。
※各回とも作家本人の出演予定はございません。
展覧会担当学芸員によるギャラリートーク
2017年3月10日(金) 14:00~
2017年3月24日(金) 14:00~
2017年4月14日(金) 14:00~
2017年4月28日(金) 14:00~
会期中の第2・第4金曜日14:00 より、担当学芸員による展示解説を行います。
展覧会チケット(当日消印)をご持参のうえ、3階展示室入口にお集まりください。