TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

今天是休息日

今天是休息日

中文簡体字

SUGIURA Kunié, After "Electric Dress (A Positive 2)"  2002, Collection of Tokyo Photographic Art Museum
2F

SUGIURA kunié: Aspiring Experiments

New York in 50 years

Jul. 24Sep. 24, 2018

  • Jul. 24Sep. 24, 2018
  • Closed :Monday (if Monday is a national holiday or a substitute holiday, it is the next day)
  • Admission:Adults ¥900/College Students ¥800/High School and Junior High School Students,Over 65 ¥700

杉浦邦恵の50年にわたる活動を顧みる個展、「杉浦邦恵  うつくしい実験―ニューヨークとの50年」を開催します。 ニューヨーク在住の杉浦は、1963年、20歳の時に単身渡米し、シカゴ・アート・インスティテュートで写真を学びました。 卒業後、ニューヨークに移り住み、現在に至るまでチャイナタウンのスタジオで創作活動を続けています。
杉浦が作品制作をはじめた当時のアメリカは、ロバート・フランクやダイアン・アーバスに代表されるモノクロのストレート写真が全盛時代にありました。しかし、杉浦は写真というメディアの表現としての多様な可能性にいち早く注目し、カメラを使用しないで写真を制作するフォトグラムやコラージュによる作品制作を行うほか、写真の液体乳剤と油絵キャンバス、アルミニウムなど紙以外の素材と組み合わせるなど、実験的な作品制作に取り組んできました。
本展では1960年代後半からシカゴ、ニューヨークで作品制作 を続けてきた杉浦の活動を通して、彼女が生きてきた時代背景と美術・写真の歴史の変遷を視ながら、杉浦がいかに先駆的であるかを浮かび上がらせようとする試みです。


Hoppings D Positive2, 1996, Toned gelatin-silver print, Collection of the Artist, Courtesy of Taka Ishii Gallery


‘Racks’installation, 1994, Gelatin‒silver prints mounted on Plexiglas, metal rack, Collection of the Artist


blue animals (4~8 ) hoppings_A_positive Gelatin silver paper on aluminum, Collection of the Artist


Market front, 1978, Photo emulsion, acrylic on canvas, Collection of the Artist
Courtesy of Taka Ishii Gallery


Dr.James D Watson Dp2, 2004, Gelatin silver print, Collection of the Artist


Cko #4 V2/2, 1967, Chromogenic Print (Type C Print),  Collection of Tokyo Photographic Art Museum

□Organized by Tokyo Photographic Art Museum, Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture
□Sponsored by the Corporate Membership of Tokyo Photographic Art Museum

Lecture

Gallery Talks (in Japanese)
Talks take place at 14:00 on the 1st and 3rd Friday of each month.
Free with same-day museum admission.