TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-18:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は1Fの上映時間を参照

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2018

秋の上映会

1F

2018.10.510.8・祝

  • 公式ホームページ → http://www.shortshorts.org/2018/autumn/

  • お問い合せ:ショートショートアジア実行委員会 03-5474-8844
  • 上映期間:2018年10月5日(金)~10月8日(月・祝)
  • 料 金:無料

■上映スケジュールおよび上映作品については、公式ホームページをご覧ください。

本イベントは、ショートフィルムの魅力を広めることと若手映像作家の育成を目的に、東京国際映画祭の提携企画として毎年秋に開催しています。 ショートショート フィルムフェスティバルが20周年、ショートショート フィルムフェスティバル アジアが15周年の今年は、歴代の作品から厳選した「ア ニバーサリープログラム」を上映、村上春樹の短編小説「パン屋再襲撃」をもとに製作されたキルスティン・ダンスト主演作や、有村架純がSSFF &ASIA 2014でベストアクトレスアワードを受賞した作品などを上映。その他、6月の映画祭での受賞作品を集めたプログラム、昨今注目を集めてい る企業がブランディングを目的として製作したブランデッドムービーを特集する「BRANDED SHORTS」プログラムなど盛りだくさんでお届けします。

関連イベント

BRANDED SHORTS 2018 秋の特別セミナー「映画と広告の理想形」講師:高崎卓馬 氏
2018年10月5日(金) 14:00~16:00  終了致しました
BRANDED SHORTS 2018 秋の特別セミナーでは、2017年、2018年とBRANDEDSHORTS の審査員を務めた電通のエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター、高崎卓馬氏と特別ゲストをお迎えし、「映画と広告の理想形」をトピックに対談トークイベントを開催いたします。
定員:190名
チケット:無料
申込方法:「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2018」公式ホームページにて先着順で受け付けます。

【高崎卓馬 氏プロフィール】
株式会社 電通 エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター
広告を中心に様々な領域で活動している。主な仕事に、JR東日本「行くぜ、東北」、SUNTORY「ムッシュはつらいよ」「オランジーナ先生」、日本郵政 「私は郵便局が大好きだ」、TOYOTA「WHAT WOWS YOU イチローが嫌いだ」、三井不動産レジデンシャル「タイムスリップ!堀部安兵衛」、映画「ホノカアボーイ」、ドラマ「戦う女」などがある。2010年、2013年、クリエーターオブザイヤー賞など国内外の受賞多数。著書に小説「はるかかけら」(中央公論新社)、「表現の技術」(朝日新聞出版)など。雑誌Hanakoでの「勝手にリメイク!」などの連載多数。
映画『カメラを止めるな!』上田慎一郎監督トークセミナー
2018年10月8日(月・祝) 15:30~17:30   終了致しました
※満席となりました。
『カメ止め』監督が語る、映画制作の極意とは?
都内の劇場2館で6月から公開され、上映館が200館を突破するなど快進撃を続けるインディペンデンド映画『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督を迎え、トークセミナーを実施いたします。ショートフィルムも多数手掛けている上田監督の初期作品から、『カメラを止めるな!』大ヒットまでの経緯、制作におけるマインドセットを徹底解説頂きます。映画監督を目指す方、映像業界を担う方々は必聴!
定員:190名
チケット:無料
申込方法:「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2018」公式ホームページにて先着順で受け付けます。

【上田慎一郎監督 プロフィール】
1984年 滋賀県出身。
映画製作団体PANPOKOPINAを結成。現在までに8本の映画を監督し、国内外の映画祭で20のグランプリを含む46冠を獲得。最新監督作『カメラを止めるな!』は200館以上に拡大する爆発的なヒットを記録し社会現象となった。