TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

中文簡体字

ポリクセニ・パパペトロウ《尋ね人》〈世界のはざまで〉より 2012 個人蔵 © Polixeni Papapetrou

This exhibition has been canceled.
2F

【Canceled】Reversible Destiny

May. 19May. 31, 2020

  • May. 19May. 31, 2020
  • Closed Mondays
  • Admission:Adults ¥800 ( 640 )/College Students ¥640 ( 510 )/High School and Junior High School Students, Over 65 ¥400 ( 320 )

東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団では、Tokyo Tokyo FESTIVALの一環として「日本・オーストラリア 現代写真」展(仮称)を実施いたします。
想像をはるかに超える出来事が日々起こる現代社会において、写真というメディアを通して、私たちはどのように過去を見つめ、現在に立ち返り、未来を想像することができるでしょうか。写真には、過去と密接に絡み合いながら、時間の感覚をゆるがし、社会構造のうちに個人の経験を掘り下げることのできる不可思議な力があります。
メルボルン大学の協力を得て、同大学教授ナタリー・キング氏との共同企画によって開催する本展覧会は、日本とオーストラリアの二国間における歴史的背景、文化、環境などの差異をひとつずつ拾い上げながら、過去と未来、生と死、記憶と忘却のサイクルについてリバーシブルに考え直す試みです。近年注目の集まるオーストラリアと日本の写真・映像表現を通して、写真から未来を考える手がかりとなれば幸いです。

出品予定作家
[オーストラリア] マレイ・クラーク(Maree Clarke)、ローズマリー・ラング(Rosemary Laing)、ポリクセニ・パパペトロウ(Polixeni, Papapetrou)、アドリ・ヴァルリー・ウェンズ(Adri Valery Wen)
[日本]石内都、片山真理、畠山直哉、横溝静

□主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
□特別協力:メルボルン大学
□協力:東京藝術大学
□助成:在日オーストラリア大使館、豪日交流基金